*復興ぞうきん*プロジェクト 【紡ぎ組】イベント報告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川崎イベント報告

先日神奈川県川崎市で行われた復興応援イベントの報告が届きました。
ブログでのご紹介が遅くなってしまってすみません。

(原田様より)

御陰様でイベントはとても良い物となりました。

特に紡ぎ手さんたちの今を紹介させて頂いた
朗読ライブの上映会は会場の雰囲気が一番よかったと
感じております。

たくさんの方に復興ぞうきんを手に取って頂けましたし、
和グルミも美味しく、
お客様に満足して頂けたと思っております。

お借りしたタペストリーも可愛くて、
会場でも一際目立っていました!

川崎イベント1

川崎イベント2

川崎イベント3


イベント責任者の原田さんは、
タペストリーをご返送いただく際に、
ご友人にお声掛けをして集めてくださったタオルも、
一緒にお送りくださいました。

色々とご尽力いただき、ありがとうございました!






なみ

盛岡南高等学校文化祭での活動紹介ご報告

8月31日(土)盛岡南高等学校の文化祭「南昌祭」のご報告をします!
校舎に入ると元気な生徒さんたちが通りすぎる中で、丁度8月7日に紡ぎサロンのお手伝いをしてくれた
生徒さんにバッタリ会い、山下先生が担当されている模擬店を教えて貰いおじゃましました。
(少し説明致しますと、紡ぎサロンには山下先生と別所先生が引率でいらしたのでした。)
山下先生とお会いして、急だったのですが校長先生へご挨拶させて頂きました。
校長先生には紡ぎサロンで、高校生の皆さんに手伝って頂いたお礼を申し上げました。

それから、山下先生と一緒に復興ぞうきんを販売している教室へ。
今回100円は南高校さんのご寄付ということで、 通常300円のところを200円で販売してくださいました。
そして販売コーナーの隣の教室へ移動すると、8月7日の紡ぎサロンにボランティアで参加された生徒さん達の
様子が丁寧に模造紙いっぱいに展示されていました。
ぞうきんボランティア

復興支援コーナーの教室でお会いした先生は、震災当時沿岸にいて大変な状況を目の当たりにされたご経験を
もち是非学校で復興支援活動をしたいと提案されたとお聞きしました。
文化祭当日に残念ながらお会いできなかった別所先生も震災当時沿岸の学校にいたんですよと聞いたのを
思い出した私は、今回のボランティア活動されている想いがより理解できました。
先生方が沿岸で震災当時経験された事を通して、生徒達に伝えなければと強い想いを行動に移された事が
2年生で復興支援活動に取り組むきっかけだったのではないかと思います。
縮小画像先生と

「実際にボランティア活動へ参加した生徒達は変わりました」
「夏休みの課題に新聞記事を取り上げるというのがあったのですが、震災に関わる記事が多かったんです」
と、山下先生からお聞きして胸が熱くなりました。
ここで、紡ぎサロンの感想を一部ご紹介します。

感想

感想③

感想(男子)


若い感性で様々な想いと出来事を受けとめている文章に感動しました。

未来を担う多感な高校生の皆さんが、東日本大震災のボランティア活動に参加するのは
とても大切で素晴らしい経験だと思います。

ボランティア報告3

紡ぎサロンの他には、実際に陸前高田市へ訪れてボランティア活動された様子も写真入りで紹介されていました。
皆さんが笑顔で活動されている様子を見ていると、希望と元気が湧いてきます☆

ボランティア報告2

今後、盛岡南高等学校での取り組みがモデルとなり高校生の皆さんをはじめとする学校での復興支援教育が
広がって行けば素晴らしいと思いますしそうであって欲しいです。

DSCN1050_convert_20130907174712.jpg

盛岡南高等学校の皆さん本当に有難うございます!!
またいつでも紡ぎサロンへいらしてくださいね。


ゆか









恵庭市イベント報告

先週から今週にかけて、
北海道恵庭市で行われたイベントの報告が
届きましたのでご紹介~^^


今日のエコフェスは、お天気もよく、
風もなく、とても恵まれました。

昨夜は、緊張で?腹痛もあり、作品つくり、
整理もあり、ねむれなかったです。

昨年より、フリマブースでは、
来客が少なかったかな?と思いましたが、
復興ぞうきんは、70枚のうち38本11400円、売れました。

市長さんが、近くを見学されていたので、
声をかけてお店に来ていただき、5本。

また、千歳から、
以前岩手に住んでたことあるんです。。と、10本。
この方は、新聞を見て、事前にお問い合わせのお電話を
くださった方とわかりました。
(サークルのメンバーにあげると言っていました。)
ホサップ(北海道学生震災支援ネットワーク)の小雑誌も10部持っていかれ、
私の手元にある、ホサップの本はなくなってしまいました。

あとは知人や、手作りフリマ出店の方や、
取材に来ていたちゃんとと言うフリーペーパーの方や、
新聞で載っていましたね、とかいろいろで、好評でした。
募金のかごには、40円。
 
子供たちも、我が家で事前にコピーして準備していた、
80枚くらいのチラシを配ってくれました。
Tさんがよく、お手伝いしてくださいました。
また、他のくらしの会のメンバーも
1時間くらい店番してくれたり、助かりました。
ぞうきんをお客様に手渡す時に、
タオルの帯にその方からのメッセージが
添えられてあったのがあり、
本当に、大変な状況の中、一針一針、
心をこめられている心のひだに触れた感じがしました。

また、来年参加させて頂けたらと思います♪
楽しかったです♪


(恵庭市在住 N.O.さま)


これを機に、恵庭ではさらに多く方に
復興ぞうきんの存在を知ってもらうことができました。

北海道のKさん、いつもありがとうございます。
Oさま、お疲れ様でした。ありがとうございました。

これからも宜しくお願い致します。





なみ

奥州まちなか交流館1周年記念イベントに参加してきました

だいぶ日が経ってしまい恐縮ですが、
去る10月27日、
奥州市水沢にある「奥州市まちなか交流館」さんの
開館1周年記念イベントに行って参りました。

今回のイベントで復興ぞうきん販売のお申し出を1ヶ月以上前に
まちなか交流館の担当者さんからお電話でいただいたのですが、
お話をうかがうと、今回のイベントでトークショーを
引き受けられた地元出身の漫画家・吉田戦車さんご本人から
復興ぞうきんの販売の強いご推薦があったそうなのです!

さらに「いろいろな模様があるので、ぜひ1枚1枚
デザインがわかるように展示して販売してほしい」
とおっしゃってくださったそうで、
当日はとてもかわいらしくディスプレイしてくださっていました。

奥州まちなか1

吉田戦車さんは、
昨年の10月に2度目の漫画家さん応援ツアーで
SAVE IWATE を訪れた際に、
復興ぞうきんを2枚購入して、その場で、
帯に名前の書いてある縫い手さん宛に
かわうそくんのイラスト入りサインを書いてくださいました。
そして後日、
サインをいただいたうちのお一人の縫い手さんのお婿さんが、
実は戦車さんの高校時代の同級生だった!という、
なんとも不思議なご縁がわかったりもしました。

それ以降も、水沢のお母様を通じて
刺繍糸を購入してお送りいただくなどして
応援いただいていたのですが、
今回直接お会いしてお礼を申し上げることができました。
お母様と一緒に活動に参加されているFさんと一緒に行って、
控え室にお邪魔したのですが、Fさんも
「有名な漫画家さんなのに偉ぶらない、
腰の低い本当にいい方だった」と驚きながらも
大変喜ばれていました。

そしてその際に、戦車さんと奥様の伊藤理佐さんの
ご好意に甘えて、いただいたサイン色紙です。

戦車さんご夫妻サイン_convert_20121110145014
早速翌日の販売の際に展示させていただきました。
カワウソくんもひげぴよさんもお気に入りの”ぞうきん”を手に

奥州まちなか3
ご夫婦のトークショーも楽しんできました!


トークショーでは、現在2才の娘さんの子育てエピソードなど
和やかで楽しいお話をされていましたが、
かなりの時間を割いて、震災時のお話、
ボランティアに行かれた際のお話、
これからもまだまだ支援が必要だというお話も
されていたのが心に残りました。
震災をきっかけに故郷への思いを新たにして、
息の長い支援を決意されている様子、
そしてご自分ができる限りのことを、という思いで、
支援の必要性を訴えてくださっている様子に
胸がいっぱいになりました。

ご支援に心から感謝いたします!


   ともこ

本物だぁ!(◎_◎)

チヨさんと小原選手

誰だか分かりますか?

そうです‼
ついこの前のロンドン五輪
レスリング女子48kg級 金メダリスト、

小原日登美選手です‼


実は昨日の朝、
八戸出身の金メダリストが三人、
もりおか復興支援センターに寄って
被災者の方々と交流を持ってくれるという話が
突然降って湧いて来まして、

おまけにそこに、
被災者側からのお礼に
復興ぞうきんをプレゼントするなんて
話まで出て来ちゃいまして、
それが決まったのはもう昼過ぎでしたから、
急遽、来られそうな縫い手さんに電話して
夕方の交流会に間に合うように
来ていただきました~(^ ^)

挨拶


小原選手と、あと二人は
レスリング男子フリースタイル66kg級
米満達弘選手と、
レスリング女子63kg級 伊調馨選手。

3人



数日前に、テレビで放送していた、
銀座のパレードカーに乗っていた
本物の金メダリスト達が目の前に!!


被災者の方々はもちろん、
私達スタッフももう大騒ぎでした(笑)


三人のアスリートからお話があった後、
お待ちかねの交流タイム。

参加者の皆さんは、
しっかりカメラや色紙を用意していて、
金メダリスト達はサイン責めにあっていました。

一緒に写真を撮ってもらったり、
金メダルに触らせてもらったり、
握手をしてもらったり、
個々にお話をしたり…。

金メダル

(ずっしりと重みがありました)


今はもうあちらこちらから引っ張りだこで、
センターの前にも
いくつかの中学校や高校に寄られたようで、
さぞお疲れでしたでしょうに、
でも三人とも嫌な顔ひとつせず、
小さな子ども達や座っているお年寄りには、
自分もしゃがんで目線を合わせてくれるなど、
素晴らしい配慮を示して下さいました。
人格者ですよね〜。

終了後参加者の皆さんから口々に、

元気をもらった、
パワーをもらった、と
喜びの声と笑顔が(*^^*)


集合写真


参加者と一緒に記念撮影のあと、
縫い手さん代表と、学習支援に来ている
子ども代表二人から、
復興ぞうきんや、和くるみ商品を
贈らせて頂きました。

米満選手とチヨさん

ぞうきんを手に


気に入っていただけるといいですね。


日本オリンピック委員会公式HPにも
記事が載っています。




なみ
プロフィール

紡ぎ組スタッフ

Author:紡ぎ組スタッフ
被災者の方々に、手仕事をすることで気持ちを和らげていただき、またいくらかでも収入確保につながるよう、復興ぞうきんを縫っていただく活動を行っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
過去ログ +

2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【2件】
2015年 03月 【1件】
2014年 12月 【14件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 05月 【5件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【6件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【10件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【14件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【13件】
2013年 02月 【11件】
2013年 01月 【18件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【15件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【9件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【12件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【22件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【5件】

facebook
ギャラリー
リンク
応援メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

紡ぎ組サポーター様
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。