*復興ぞうきん*プロジェクト 今、伝えていく事

今、伝えていく事

3月も下旬になり盛岡の空は、白鳥たちが旅立つ姿をよくみます。
V字に並んで飛ぶ様子は、青空に映えてまぶしく見えるんですよ!
日ごと寒さも和らいで、春が今から待ち遠しいところです。

先日の紡ぎサロンは、縫い手さんが普段よりも少し多く集まって
笑顔あふれるひとときをスタッフも共に過ごしました。

そんな中で、ある縫い手さんからこんなお話しをお聞きしました。

「私はね、
 昔から地震がきたら逃げるんだと聞いてきたの。
 そして、震災前から娘と
 もし地震が起きたら逃げる場所を決めていたの。
 実際に、あの日(2011年3月11日)もそうしたの。
 それと、日頃から大事なものはまとめておいたから
 それを持って車で逃げてね。
 車には、夏はタオルケットを用意して、
 冬は毛布を用意してね。
 そのお陰であの日も寒かったけど、寒さが和らいだの。」

「それとね、ご近所さんが
 『地震がきたら、3階建てのうちさくればいいよ』って
 言ってくれていたんだけど・・・
 私は、絶対に自分が決めていた高台へ逃げるって、
 決めていたから。
 私が住んでいた地域の家々は、
 今回の津波ですっかりやられてしまった。
 3階建てのご近所さんは、避難することなく、
 お亡くなりになってしまって・・・」


私はこのお話を聞いて、日頃から防災について家族で話しあう事がどんなに大切か。
更にその行動の結果で、大切な命を守れるのだと学びました。
反対に想定にとらわれたり、災害が大きくないと過信してしまっては・・・
命を守れない事も同時に知りました。


更に、こうも加えて話して下さいました。
「思い立ったらすぐ行動する事」と。
必要だと思ったことや物は、すぐに実行する・用意する。
震災はいつやってくるのかわからないのだから。

命を守る行動の積み重ねが、災害から命を守る力に繋がっているのですね。



ゆか








関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

愛:Reさん

お電話いただいた方ですね。
コメントをありがとうございます^ ^
次回のサロンでお待ちしていますね。お子さん達にもお会いできるかしら?楽しみにしています。

はじめまして!

こちらからも失礼いたします。

福島から岩手県に避難してきました。子供が3人いるママです。このたび、復興ぞうきん作りに参加させていただきたく思っております。お話する機会があれば、よろしくお願い申し上げます。

送り先

こんにちは^^
お返事ありがとうございます。
関東は暖かくなってきました。
昨日自転車をこいでいたら通りかかった公園の桜がほぼ満開になっていて見とれてしまいました。
そちらはまださむいのかな~??

お返事を読ませていただきリューさんとのつながりの素敵さに感動しました。 うるっ☆

さて材料ですが、私が思っていたタオルサイズと違ってましたね。
お聞きしてよかったです。
タオルのサイズは合いませんでしたが、刺繍糸は少しありますので、微力ですが送らさせてもらいたいと思います。
送り先は以下でよろしかったでしょうか?

〒020-0023
 岩手県盛岡市内丸3-46
 もりおか復興支援センター内
 復興ぞうきん係
 080-1846-3593

ありがとうございます。

ありがとうございます!

さくら様

リュードリューさんを通じこの活動に関心を寄せていただいたことに
心より感謝申し上げます。
リュードリューさんには、材料不足が深刻な折は大量のタオルや様々な裁縫道具を
送っていただき、今回もまたこうしてたくさんの方につなげてくださっていて
本当に助けられております。

さて募集しているタオルのサイズですが、イメージとしては粗品や温泉でいただくタオルになります。
手ぬぐいサイズと言いますか。
決まった統一の規格はないようですが、大体、30数センチ×70数センチくらいになります。

また、刺繍糸も継続して募集しております。
デザインはもとより、糸の色も縫い手さん達に楽しんで選んでもらっているのですが、
やはり縫っていて気持ちが明るくなるような、仕上がりが明るくなるような色が
好まれています。
もちろんどんな色も無駄なく活用させていただきますが、ご参考になれば幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

雑巾

こんにちは
初めまして。
リュードリューさん(下着屋さん)のブログでこちらのことをしりました。
今も雑巾の材料を集めていらっしゃいますか?
フェイスたるというのは、30cm*50cm位のもののことを言われているのでしょうか?
(私は25*30くらいのものをフェイスタオルとよんでてので・・・)
あと、刺繍糸と縫い糸も集めておられますか?
そのあたり改めて教えていただければと思います。
ありがとうございます
プロフィール

紡ぎ組スタッフ

Author:紡ぎ組スタッフ
被災者の方々に、手仕事をすることで気持ちを和らげていただき、またいくらかでも収入確保につながるよう、復興ぞうきんを縫っていただく活動を行っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
過去ログ +

2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【2件】
2015年 03月 【1件】
2014年 12月 【14件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 05月 【5件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【6件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【10件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【14件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【13件】
2013年 02月 【11件】
2013年 01月 【18件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【15件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【9件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【12件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【22件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【5件】

facebook
ギャラリー
リンク
応援メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

紡ぎ組サポーター様