*復興ぞうきん*プロジェクト 縫い手さん達の今 〜釜石出身・Mさん(73才)〜

縫い手さん達の今 〜釜石出身・Mさん(73才)〜

「夫と二人でテレビを見るのが楽しいです。
 私は「あまちゃん」と「あさいち」、夫はスポーツ番組。

 でも夫は体調を崩していて、腰から横腹が痛いらしく散歩にも出られないの。
 娘が時々電話をくれて気にしてくれています。

 ぞうきん縫いは自分のペースで出来るから良いし、張り合いです。
 サロンは気晴らしになって助かりますよ。

 釜石の家は基礎しか残っていません。近所の親しい人が二人亡くなってね。
 声をかけたけど、一人は脳梗塞で足が悪くて、
 もう一人も、「いい、いい」と言われて、
 ちょうど奥さんも車で帰ったから大丈夫と思ってたのに避難所に来なくて、
 車はひっくり返って見つかったの。
 無理矢理でも連れて行けば良かった…。
 津波はね、その時は涙も悲しみもなかったです。
 ただただ唖然としてて、日が経つにつれてだんだんね。
 思い出して泣けることもあるけど、テレビは見られるようになりました。
 こんなだったんだなあって。

 いつかはふる里に戻って夫を安心させたいです。
 復興住宅が無理なら公営に申し込んでもいいかなあって思っています。」


なみ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紡ぎ組スタッフ

Author:紡ぎ組スタッフ
被災者の方々に、手仕事をすることで気持ちを和らげていただき、またいくらかでも収入確保につながるよう、復興ぞうきんを縫っていただく活動を行っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
過去ログ +

2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【2件】
2015年 03月 【1件】
2014年 12月 【14件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 05月 【5件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【6件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【10件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【14件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【13件】
2013年 02月 【11件】
2013年 01月 【18件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【15件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【9件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【12件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【22件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【5件】

facebook
ギャラリー
リンク
応援メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

紡ぎ組サポーター様