*復興ぞうきん*プロジェクト 週報 1/12〜18

週報 1/12〜18

先日のタオルの募集の記事の後、
たくさんの方からタオルが届いております。
家中を探してくださった方、周りの方にもお声いただいた方、
わざわざまとまった数を注文して送ってくださった方、
みなさま、本当にありがとうございます。

添えられたお手紙を拝見すると、
「この活動を絶やしてはいけない、なんとかしなければ」
という思いで送ってくださったのが伝わってきます。
その中に、封筒の表書きの住所は東京ながら、
文末のお名前の前に「福島市」と書かれている方がいました。
自主避難されている方でしょうか。
転勤等で地元を離れている方でしょうか。
そのような方もこの活動を応援してくださっていると思うと、
喜びだけでなく、また一層、
「がんばらなければ!」という思いが湧いてきます。

糸も、たくさんの方から寄せられています。
かなりの数をまとめてお送りいただいた糸を見ると、
ああこれでまだ、ぞうきんの価格を上げずに済む、
縫い手さん達からの買い取り価格を下げずに済む、と
心底安堵します。

80円封筒に入れて送られた糸を見ると、
支援してくださる裾野が広いばかりでなく
たくさんの方の身近にこの活動があるように感じ、
嬉しく、そして誇らしくも思ったりします。

たくさんの方に支えられながら、
復興ぞうきん、まだまだがんばれそうです。

*****
では、1/12~18の活動状況をご報告いたします。

■製作状況

 製作枚数 950枚(累積枚数46,490枚)
 製作者数 34名

■販売状況(随時データを修正しています)

 納品数  196枚(累積枚数41,522枚)
 販売先  岩手(盛岡)、千葉
 予約枚数  840枚

■縫い手さんの声

・手づくりの帽子、盛岡市内のハンドメイドのお店から
 注文をいただきました。
 元々SAVE IWATE の感謝祭で紡ぎ組スタッフさんにかぶってもらおうと
 プレゼントさせてもらったもの。
 そこから、羅針盤さんから作り方教室の講師のお話をいただいて、
 生徒さんが作ったものをフェザンのイベントで販売されて、
 そこで一緒に出店してた方が目を留めてくださって…
 その方は偶然、同じ宮古出身の被災者の方だったんです。
 なんだかどんどんどんどんつながっていってすごいですね。
 こんなふうになるなんて夢にも思いませんでした。
 一般に販売するなんてとても気後れするけれど、
 こうしてせっかくつながったご縁ですから、
 失敗したらしたでいいお勉強と思って、やってみようと思います。
 
・今度番屋でやる肉まん作りに参加しようと思って。
 皮から手づくりするんだって~
 面白そうだから行ってくるね。
 覚えたら今度ごちそうすっから!

■ご支援者の声 *抜粋

「私ははじめてお手紙を書かせて戴きます
 千葉に居住しております68才になるものなので、
 そちらに復興のお手伝いにはなかなか行くことが
 できません。
 何かお役に立てればと常に思っておりましたところ、
 15年以上のおつき合いになる、リフォーム会社で
 今年のお歳暮に"復興ぞうきん"をといただきました。
 その会社は盲導犬の育成の支援や、介護の支援など
 積極的に行動しているところです。
 私が戴いたぞうきんは岩手県宮古市のK・Kさんと
 岩手県大槌町のA・Cさんの手作りの2枚でした。
 それではと思い家にありましたタオルと少々の糸を
 お送りしたいと荷造りしました。
 どうぞお役に立てていただければと思います。
 まだまだ寒い日が続きます。どうぞ皆様お元気で
 お過ごし下さいます様、心よりお祈り申し上げます。」
              (千葉県/S・S様)
■1月の予定

<紡ぎサロン>
 ・復興支援センター 1/9、16、23(水)
 ・鉈屋町新番屋   1/4、18(金)
 ・あすからのくらし相談室(宮古)1/30(水)

<販売イベント>
 ・第9回松阪・紀勢界隈まちかど博物館企画展「燈(ともす)」
 【期間】1月26日(土)~2月11日(月・祝)
 【会場】三重県斎宮歴史博物館 
  *ご支援により三重県初の販売会が実現しました!
   お近くにお住まいの方、どうぞお立ち寄りください。
   
<勝正さんの網編み教室>
 【日時】1月24日(木)13時~15時半
 【場所】鉈屋町番屋の2階
 【内容】初めての方:アカスリ
     慣れて来た方:ペットボトルホルダー
 【参加費】1,000円(材料代実費分)


<購入その他お問合せ先> tsumugigumi@gmail.com


   ともこ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 活動報告
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紡ぎ組スタッフ

Author:紡ぎ組スタッフ
被災者の方々に、手仕事をすることで気持ちを和らげていただき、またいくらかでも収入確保につながるよう、復興ぞうきんを縫っていただく活動を行っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
過去ログ +

2017年 08月 【4件】
2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【2件】
2015年 03月 【1件】
2014年 12月 【14件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 05月 【5件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【6件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【10件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【14件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【13件】
2013年 02月 【11件】
2013年 01月 【18件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【15件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【9件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【12件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【22件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【5件】

facebook
ギャラリー
リンク
応援メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

紡ぎ組サポーター様