--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/09/08(土)16:04
この前の水曜日、
サロンも終わりに近づいたころでしたが、
鹿児島大学の学生さんたちが、
手伝いに来てくれました。

サロンには間に合わないけれど何かお手伝いをと、
遠路はるばるやってきてくれた女の子たち。

残っておしゃべりに花が咲いていた
数人の縫い手さんたちから、
いろんなお話を聞いていたようです。

その後支援センターの館内をまわって、
復興ぞうきんの保管庫や、
和クルミプロジェクトの詳細を熱心に
聴いてくれました。

翌日木曜日は、
朝9時半ごろからすでにスタンバイ。

5人来てくれたので、、
色がごちゃ混ぜになって仕分けが必要だった
刺しゅう糸や刺し子糸を、
きれいに整理するチームと、
前日のサロンで集まったたくさんのぞうきんを、
発送先ごとに梱包する作業を
やってもらいました。

糸は普段、こんな風にお出しして ↓ ↓ ↓、

P1050683.jpg

P1050685.jpg
(だいぶ前に撮った写真です)


必要なものを各自お持ちいただくのですが、
サロンを数回重ねるうちに、
だんだん各色入り乱れたり、
もともと混在しているものや、
届いたばかりで整理していないものなども
たくさんあります。

その仕分けはとても地道な作業で、
普段私たちスタッフには時間がなくて、
なかなかそこまでやれないでいるうちに、
すぐぐちゃぐちゃになってしまうのですが、
今日一日で、三分の二くらいの量を
終わらせてくれました。

鹿児島大学学生1


梱包チームの方も、
ちょうど週一回梱包専門で来てくれている
ベテランボランティアさんがいて、
彼女の指導もあって、テキパキと作業が進み、
午前中で9箱の発送準備を終わらせてくれました。

この梱包作業も実はけっこう大変なんです。

製作者別に分けた箱の並ぶ棚から、
同じ人のものばかりが固まって入らないように、
できるだけ沢山の人の箱から少しずつ取り、
10個ずつテーブルに並べて数を確認したら、
今度はちょうど入るくらいの箱を探して、
帯がくしゃくしゃにならないように詰めるのですが、
数に間違いがないよう、
何度も確認するなど神経も使うし、
センターはもともとある銀行の建物で、
保管しているのが、狭くて窓のない
蒸し風呂のような金庫(!)、
五分も作業していると、滝のように汗が流れます。

この日は3人+ボラさんの4人もいたので、
さすがに、広い所に少しずつ運んでから
箱詰めをやってもらいました。
熱中症になったら大変ですからね。

午後はタオルの仕分けをやってもらいました。
元々復興ぞうきん用に集めたタオルではない場合、
使えるものとそうでないものが混在しています。
これを、一つ一つ箱や袋から出して、
箱ごとに分けてもらいます。
これも地道な作業です。

空き段ボールや裁縫道具なども
すべて同じ金庫にあって、
雑然としていたのを片づけながら、
(そういう時間もいつもはないのです)
ありがたいな~と思っていましたが、
終わってみると、金庫の中もきれいになり、
梱包された箱(含 ストック分)も
整然と並べられ、
糸の保管箱の中身も、
きちんと仕分けされたカラフルな糸が
整列しました~~!!


鹿児島大学からは以前にも
別の学生さんたちが来てくれて、
サロンの際の手伝いをしてくれたり、
Facebookの使い方を教えてくれたり、
(その時の紹介記事、
書けていなくてごめんなさいm(_ _)m )
とてもとても助けられています。

ありがとうございます!

今回の5人の女の子たちは、
3時に作業を終えた後、
陸前高田に向かいました。
向こうでまたボランティアをするのだそうです。


終了後、感想を聞きました。

「笑顔の縫い手さんたちのお話を聞いて、
改めて抱えているものが大きいことがわかった。」

「ボランティアのおてつだいをしてみて、
やる気がわいてどんどん作業がはかどった。」

『岩手に来るまでは、
くるみや復興ぞうきんの活動がどんな活動なのか
分からなかったけれど、
想像以上に多くの人たちが関わっていて、
ボランティアスタッフの中には
被災者の方もいらして、
とても前向きな姿勢でいることがわかった。」

などなど。


ありがとうね~~!
また来てね~~(笑)

鹿児島大学学生2




なみ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

紡ぎ組スタッフ

Author:紡ぎ組スタッフ
被災者の方々に、手仕事をすることで気持ちを和らげていただき、またいくらかでも収入確保につながるよう、復興ぞうきんを縫っていただく活動を行っています。

メール:tsumugigumi@gmail.com
Twitter:@fukkouzoukin

最新記事
カテゴリ
最新コメント
過去ログ +

2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【4件】
2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【2件】
2015年 03月 【1件】
2014年 12月 【14件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 05月 【5件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【6件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【10件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【14件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【13件】
2013年 02月 【11件】
2013年 01月 【18件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【15件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【9件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【12件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【22件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【5件】

ギャラリー

facebook

リンク
応援メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

紡ぎ組サポーター様

 | 復興ぞうきん プロジェクトTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。