*復興ぞうきん*プロジェクト ありがとうございます2

ありがとうございます2

復興ぞうきんチーム「紡ぎ組」宛にいただいた
たくさんの励ましのお手紙をご紹介しています。

ずっと溜めていたものを
順不同で入力していただいたので、
季節が前後したり、最近のものや
ずいぶん前のものが混ざっていたりしますが、
お許しいただきたいと思います。

また、物資の送り状や封筒を、
いつかお礼ができる、かな~?と
淡い希望を持って、
データベース化するために別にまとめて保存する際、
うっかり、お手紙へのお名前の写しを失念したものもあり、
大変申し訳ございません。



先日は文化祭でのインターアクト部の
復興ぞうきんの販売について、
手続きから発送までありがとうございました。
ぞうきんを作っていただいた方々の思いが詰った
40枚の復興ぞうきんは、
完売いたしました!
(中略)
インターアクトは、1962年にアメリカで設立されました。
12歳から18歳までの青少年のための
国際ロータリーの奉仕クラブです。
学校には必ずある部活ではなく、
ロータリークラブの支援があり、承認され学校に設置されます。
(中略)
今年は東日本大震災の復興を願っての募金活動、
そして校内で新品の文房具の募集を呼びかけて
集まったものを岩手県宮古市へ送りました。
夏休みの間、
9月の文化祭でインターアクト部として
被災者の方々のために力になれることはないだろうかと
考えいました。
そんなときに、復興ぞうきん見つけました。
部長や顧問の先生と相談し連絡させていただきました。
新聞による情報の伝達で注文が多く入っているのではないかと
駄目で元々で連絡しましたが、
こちらの希望の枚数になるように手配していただき、
文化祭で販売することができました。
ご購入いただいた方皆さん口をそろえて、
「かわいすぎて、雑巾にするにはもったいないっ!」
とおっしゃっていました。
私が復興ぞうきんについての説明をすると、
お客様は、真剣に聞いて下さりました。
(中略)
今回の文化祭で、
私はインターアクト部を引退しました。
最後の文化祭で復興ぞうきんの販売が実施できたことを
嬉しく思っています。
販売にあたって、たくさん考え、
支援の方法はたくさんあることを学びました。
私にとって貴重な活動となりました。
無事に終えることができ、
本当に良かったです。
私は、私が今いる場所で、
今できることをして応援しています。
引退して、
インターアクト部としてエールを送ることが
できなくなりましたが、
私の意思は後輩に託します。
私は個人で、家族と友人とエールを
送り続けます。
これから、涼しく寒い季節がやってきます。
どうぞ、みなさまお体に気をつけてお過ごし下さい。

埼玉県立春日部東高校三年 Sさま


前略
このたび震災により、被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
ささやかではございますが、刺しゅう糸をお送りさせていただきます。
復興ぞうきんにぜひお役立てください。
皆様の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
      オリムパス製糸 代表取締役 大洞恵之輔さま


セーブイワテのホームページで
復興ぞうきんの写真を初めて見たときは、
線縫いだけでした。もちろんカラフルでよかったです。
が、きのうNHK朝の「ふるさと元気情報」で
“木の葉の形や魚の形の縫い取りも”というのを聞き、
「これはいける! これは続く!」
「これは手芸やパッチワークの世界につながり、
大勢の女性の収入や生きがいにつながるのではないか」
と思いました。大きく展開していってほしいですね。
どこかの刺しゅう糸の会社が、
糸を応援してくださったそうですが、足りないのですね。
もう一度お願いしてはどうでしょうか。
私も昔、刺しゅうを楽しんでいたころの糸を探し出しました。
束のままのが30あまり出てきて、
これがお役に立つのだと思うと嬉しくて嬉しくて。
書きたいことはまだあるのですが、急ぎ糸を送ります。
      大分県 H.K.さま

この度の災害に対し、心よりお見舞い申し上げます。
次男から、復興ぞうきんを縫うのに糸が欲しい、
と聞いたので、送らせていただきます。
この糸は亡き母が縫うのに使っていたものです。
どうぞ有効活用してください。
また亡き夫が書いた本も同封いたします。
町の図書館などで、皆に喜んでもらえたら幸いです。
      静岡市 Y.K.さま


このたびの震災、お見舞い申し上げます。
糸の募集のことを、ツイッターで知りました。
恥ずかしいことですが、復興ぞうきんのことは知らず、
その時、初めて知りました。
テレビでたくさんの落ち込んだ顔、
町の跡、いろいろ見ました。
糸を足りないことを知って、
自分も手芸をしているので、
色とりどりの糸を見たら喜んでもらえるのかな
と思ってわくわくしました。
少ないですが、この糸を喜んでもらえたらな、
と思います。
グラデーションの糸も入れました。
使いにくいかもしれませんが、
鮮やかな色で虹のようだと思って入れました。
あと、安いものですが、刺繍針も入れました。
使ってください。
皆さんが笑顔でいられるよう願っています。
      北海道 N.H.さま
 

スタッフの皆さま、お疲れ様です。
吉田戦車先生のツイッターで、
初めて復興ぞうきんのことを知りました。
糸が足りないということも…。
ホントに少しで申し訳ないのですが、
使っていただければ嬉しいです。
なるべく明るいきれいな色を選びました。
復興ぞうきんは、通販はしていないのですか?
少し探してみたのですが…。
どこかで買えるようでしたら、
そちらでの方でもご協力させていただければと思います。
スタッフの皆さま、お体に気をつけてくださいね。
これからも応援しています。
      神戸市 S.K.さま


復興ぞうきん、糸募集の記事を読みました。
参加されている方々が、
本当に一生懸命作られていることがよくわかりました。
また復興ぞうきんが、
とてもかわいらしく刺しゅうされているのに、大変感動しました。
震災から半年たちましたが、
家族を失った方々のお気持ちを察すれば、
気持ちにぽっかりと穴が開いたままでしょう。
本当におつらいと思います。
しかし、残された方々は、亡くなった方々の分まで、
これから生きていかなければなりません。
少しでも前を向いて生きていく力になればと思い、
微力ながら応援させていただきます。
少量で申し訳ないのですが、
少しでもお役に立てたらと思い、
糸をお送りいたします。使ってください。
      (不明:申し訳ありません)




なみ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紡ぎ組スタッフ

Author:紡ぎ組スタッフ
被災者の方々に、手仕事をすることで気持ちを和らげていただき、またいくらかでも収入確保につながるよう、復興ぞうきんを縫っていただく活動を行っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
過去ログ +

2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【2件】
2015年 03月 【1件】
2014年 12月 【14件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 05月 【5件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【6件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【10件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【14件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【13件】
2013年 02月 【11件】
2013年 01月 【18件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【15件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【9件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【12件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【22件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【5件】

facebook
ギャラリー
リンク
応援メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

紡ぎ組サポーター様