*復興ぞうきん*プロジェクト 2013年08月

販売会のお知らせ(石桜祭&南昌祭)

盛岡は、すっかり朝晩涼しくなりました。もう、秋が近づいているようです。

明日からの販売会のお知らせをいたします。

○岩手中学校・高等学校「石桜祭」
 復興ぞうきん、くるみや和グルミ糖他、羅針盤の
 商品を復興ぞうきんスタッフが販売致しますので、お気軽にお声をかけて下さい!
 販売時間は、 8/31 13:00~15:00
        9/ 1 10:00~15:00
こちらもご参照ください→http://www.iwate-jh.ed.jp/

○岩手県立盛岡南高等学校「南昌祭」
 復興ぞうきんの販売を生徒さんが行って下さいます。
 生徒さん達は、8月7日の紡ぎサロンのお手伝いもして頂きました。
 開催は、 8/31 9:30~14:30
 こちらもご参照ください↓
 http://www2.iwate-ed.jp/mos-h/festival/2013-fest-index.html

どちらも混雑が予想されますので、公共交通機関をご利用頂ければと思います。

どうぞお近くにお越しの際は、是非お立ち寄り下さい。
皆さまのお越しをお待ちしております。




ゆか




スポンサーサイト

縫い手さん達の今 〜山田町出身・Sさん(69才)〜

「盛岡にきてから、元々していたウォーキングを毎日しています。
 健康が大事だと感じて続けていきます。

 盛岡にも、早く慣れたいと思っているんです。
 今後、生活費を捻出する為に仕事をすることも考えていますが、
 年齢的に可能かどうか心配なところです。
 今後は、収入について考えて働いていこうと思います。

 支援してくださる方には、強い感謝の気持ちでいっぱいです。」


ゆか

縫い手さん達の今 〜山田町出身〜

「復興ぞうきんを縫うのが日課です。
 外出すると、余計に孤独を感じてしまうんです。

 復興ぞうきんに参加して、気持ち的にも収入面でも助かっています。
 ぞうきんを縫うことが、1日の時間を多く占めているので縫うことに集中しています。
 他のことはあまり手をかけないようにしています。
 例えば、食品の買い物はまとめて買うなどしています。

 今後は、家を建てたいと考えていますが地元か、盛岡にするか迷っています。
 仕事はしたらいいとも考えますが、両親のお世話があるのでそれに今は励みたいです。

 それと、復興ぞうきんの活動がいつまで続くか気になりますが、
 ある間は頑張って縫うことを続けていきます。

 全国の皆さんには、感謝、感謝の気持ちでいっぱいです。」


ゆか

縫い手さん達の今 〜大槌町出身・Aさん(82才)〜

「ぞうきん縫いが楽しい。
 自分の仕事だと思ってやってます。
 大槌の頃のことをああだった、こうだったと思い出しながら縫っています。 

 家は全壊でした。
 避難した公民館から、津波に飲まれるのを見てました。
 周りの家も全部。  
 盛岡は病院も近いし、デイサービスにも週1回通ってて、
 同じ年代のお友達ができて楽しいです。

 でも、私は大槌に帰りたいの…
 帰りたいけど、今の状況じゃ1〜2年じゃ無理だし、
 何年もかかれば知っている人はみんな亡くなってしまう。
 この前は大槌の76才の親戚が亡くなったしね…
 どうしたらいいのか、まだわからないでいます。」


なみ

縫い手さん達の今 〜釜石出身・Mさん(73才)〜

「夫と二人でテレビを見るのが楽しいです。
 私は「あまちゃん」と「あさいち」、夫はスポーツ番組。

 でも夫は体調を崩していて、腰から横腹が痛いらしく散歩にも出られないの。
 娘が時々電話をくれて気にしてくれています。

 ぞうきん縫いは自分のペースで出来るから良いし、張り合いです。
 サロンは気晴らしになって助かりますよ。

 釜石の家は基礎しか残っていません。近所の親しい人が二人亡くなってね。
 声をかけたけど、一人は脳梗塞で足が悪くて、
 もう一人も、「いい、いい」と言われて、
 ちょうど奥さんも車で帰ったから大丈夫と思ってたのに避難所に来なくて、
 車はひっくり返って見つかったの。
 無理矢理でも連れて行けば良かった…。
 津波はね、その時は涙も悲しみもなかったです。
 ただただ唖然としてて、日が経つにつれてだんだんね。
 思い出して泣けることもあるけど、テレビは見られるようになりました。
 こんなだったんだなあって。

 いつかはふる里に戻って夫を安心させたいです。
 復興住宅が無理なら公営に申し込んでもいいかなあって思っています。」


なみ
プロフィール

紡ぎ組スタッフ

Author:紡ぎ組スタッフ
被災者の方々に、手仕事をすることで気持ちを和らげていただき、またいくらかでも収入確保につながるよう、復興ぞうきんを縫っていただく活動を行っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
過去ログ +

2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【2件】
2015年 03月 【1件】
2014年 12月 【14件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 05月 【5件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【6件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【10件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【14件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【13件】
2013年 02月 【11件】
2013年 01月 【18件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【15件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【9件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【12件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【22件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【5件】

facebook
ギャラリー
リンク
応援メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

紡ぎ組サポーター様