2012/11/30(金)11:31
皆さまにはいつもご支援を頂き、
大変ありがとうございます。

お陰様で復興ぞうきんは今もなお、
全国各地で到着を待って下さっている方々が
大勢いらっしゃいます。

私たちスタッフは、
縫い手さんにこれ以上辛い思いをしてもらいたくないため、
製作を急がせたり、ノルマを課したりは
絶対しないようにしていますので、
大変申し訳ありませんが、
いつもお待ちいただく状態です。

ご理解いただければ幸いです。


そして、またまたお願いばかりで申し訳ありません。


糸が足りません。

復興ぞうきんの価格と縫い手さんへのお支払い額を
設定する際、赤字にならないぎりぎりのところで
設定しておりますので、
材料代までは出ないのです。

活動を続けていくためにも、
是非ご支援のほど宜しくお願い致します。

刺繍糸、刺し子糸、出来るだけカラフルなものが
有り難いです。
お送り頂けないでしょうか?


最近は渋めの色も選ぶようにしていただき、、
それはそれでなかなかおしゃれなデザインになったりして
ご好評を頂いていますので、
そちらもどんどんなくなっておりますが、

やはり、落ち込みがちの気分を向上させるためにも
みなさんやはり、明るめの色を好まれます。

新品でなくても構いません。
少量でも構いません。

<送付先>

 〒020-0023
 岩手県盛岡市内丸3-46
 もりおか復興支援センター内
 復興ぞうきん係
 080-1846-3593



また、東北被災地にある手芸店でお買い求め頂くという
支援方法をお選びいただけるのでしたら、
宮城県岩沼市にある下記のお店をご紹介させていただきます。

手芸の店 mam

http://www.rakuten.co.jp/e-mam/

愛知からご支援いただいている方が
こちらのお店から定期的に糸をお送りくださっているのですが、
毎回、送り主の方のお気持ちと併せて
お店のお心遣いも感じられるような封書を
届けていただいています。

被災地にある手芸のお店で
ネット販売をしているところは
こちらしか見つけられませんでしたが、
もしも他にもご存じの方がいらしたら、
情報を下さいね。

もちろん、被災地以外でも
ご協力いただいている手芸店さんはあると思います。
そういったお店も折を見て
ご紹介させていただけるとありがたいです。


タオルの方も引き続き募集しております。

タオルについては以下をご覧下さい。

【材料提供のお願い】

http://fukkozoukin.blog.fc2.com/blog-entry-181.html
スポンサーサイト
2012/11/30(金)09:00
北海道では大規模停電が続いておりますが
この寒さで体調などを崩していないでしょうか。

この度の災害に際し、
心よりお見舞い申し上げますとともに
皆様のご無事と、一日も早い復旧を
お祈り致します。



復興ぞうきんチーム「紡ぎ組」宛にいただいた
たくさんの励ましのお手紙をご紹介しています。
(かなり以前のものも混じっていたりしますが、
ちゃんと届いてますよ~とのご報告も
兼ねています。すみません(^^;) )




・私達も心の復興を千葉よりお祈りして居ります。
・強く生きてください。
・かわいい布をありがとう。
・一針の その一針に 胸うたれ
・きれいなぞうきん大切に使います。有難う。
・気持ちは一つです。一日も早い復興を
 心よりお祈りしております。
千葉県流山市 NPO法人ユーアイネットさわやか広間一同さま


SAVE IWATE ご担当者様
8月にお送りいただいた「復興ぞうきん」、
10月23日(日)川崎市の「宮崎台幼稚園」
でのフリーマーケットにて販売いたしました。
そこでぞうきんの制作者様にむけて、
メッセージをあつめました。
制作者様によろしくお伝え下さい。
これからますます寒さにむかいます。
皆さまお体にご自愛下さいませ。
      R.S.さま


こんにちは。
私達は山梨県甲州市勝沼町の日赤奉仕団員です。
地震発生以来ずっと私達にも何かできないか、
何かできることはないかと考えていたのですが、
事務局さんが「岩手で雑巾を縫うためのタオルを
集めている」という話をしてくれました。
タオル集めなら私達にもお手伝いできるのではないかと
町の人達にも声かけしたところ皆も何かお手伝いしたい
という思いがあったのでしょう。私達の想像以上に
たくさんのタオルが集まりました。
12月19日に役員4人で荷造りをしたのですが、
皆、町の基幹産業であるブドウ作りに従事しているため、
農作業の一段落したこんな時期になってしまいました。
暮も迫っていて作業もお休みになる時期で
受け入れる方々には少々迷惑かもしれませんが
お許しください。
これから益々寒くなるでしょうが身に気をつけて
作業してください。
聞くところによると、そちらでは「おちゃっこ」
という習慣があるとのこと。私たちのところでも
農村地帯なので10時と3時にお茶を飲んで休憩する
習慣があります。少々親近感を覚えましたので
こちらのお茶菓子をタオルと一緒に送りました。
休憩しながら休み休みやってください。
そして皆さんが元気になられましたら
是非山梨においでください。お待ちしています。
日赤奉仕団 K.S.さま Y.F.さま 
      K.F.さま K.T.さま 
      事務局M.Y.さま(12月)



SAVE IWATE様
この度の震災、心よりお見舞い申し上げます。
また、ボランティア活動、お疲れ様です。
HPを拝見させて頂きましたところ、
復興ぞうきんの作成用に刺しゅう針と
刺し子針がたくさんあることを思い出し、
お送りさせて頂きます。
手仕事は、しばし悩みをまぎらわせて
くれるものです。作った作品が誰かの元へ行き、
わずかでもお金になると、
また、やりがいも出てきます。
お疲れになりません程度にがんばって
作れたらと思います。
また、材料が手に入りましたら送らせて頂きますね。
    徳島市 A.H.さま



前文、お許し下さいませ。
インターネットで活動を知りました。
ねむっていたししゅう糸、お送りします。
少しでもお役にたてば、本当に嬉しいです。
寒さ厳しい季節が続きます。
どうぞくれぐれもお身体、ご自愛くださいませ。
活動が滞りなく続けられます様、お祈り申し上げます。
                   かしこ
(不明;申し訳ありません)


お役に立てれば幸いです。
    八戸市 Nさま


復興ぞうきん担当者御中
本当にわずかですが、
お使いいただきますと幸いです。
遠方より応援しております。
皆様方、お体に十分気をつけて下さい。
  K.I.さま


ほんの少しですが、皆さんの
お役に立ったら幸いです。
(不明;申し訳ありません)


もりおか復興支援センター様
少しですが復興ぞうきんの材料に使って
頂けたらと思います。
寒さの厳しくなる頃と思いますので
体調をくずさない様に!!
(不明;申し訳ありません)


余り糸で申し訳ありません。
皆様方のご活動応援させて下さい。
針を休ませたいときお茶のお供に
どうぞ召し上がって下さいませ。
冷え込んで参りました。皆様ご自愛下さいませ。
(不明;申し訳ありません)


イニシャルが入っているのですが・・・
でも、上質な布(生地)だと思うので、
ご活用頂ければ幸いです。
(不明;申し訳ありません)



ma.gif

2012/11/28(水)12:00
昨日の盛岡の最高気温は3℃。
朝から雪が降りました。
今シーズン初めての積雪です。
盛岡市内にも本格的な冬がやってきました。



復興ぞうきんチーム「紡ぎ組」宛にいただいた
たくさんの励ましのお手紙をご紹介しています。
(かなり以前のものも混じっていたりしますが、
ちゃんと届いてますよ~とのご報告も
兼ねています。すみません(^^;) )





箱に入った刺しゅう糸は、生前、刺しゅうが
趣味だった叔母の形見です。このような形で
お役に立てて、嬉しく思います。
少しずつの応援しかできなくて
申し分けありませんが、
息の長い応援をしていくつもりです。
      Iさま


①ししゅう糸
②冬物衣料品(支援物資)
ラジオを聞いて
    岩手県盛岡市 S.I.さま


少しですが、お役立て下さい。
(不明;申し訳ありません)


SAVE IWATE 山本様
この度はお世話になります。とりあえず、
お教え頂いた方法で作りましたが、
完成品のチェックをして頂いて
不具合がありましたらご連絡下さい。
メールにも書きましたが、ちょっとずつ
お手伝いしたいという学生たちがいますので、
この2~3倍の量をお預かりできればと思います。
9/14(水)に、またうかがいます。
      Kさま


ソーイングセットについていたものを中心に
お送りします。活用して下さい。
     M.I.さま


本日11月14日、TVで活動を知り
早速、糸を買ってきました。
被災者の方達が与えられるだけではなく
手作りのぞうきんを縫って売る・・・
人とつながる、社会とつながる、素晴らしい活動
だと思いました。少ししか送れませんが、
1枚でも多くのぞうきんに・・一人でも多くの希望に
つながっていけたら・・・そんな想いで送ります。
また送ります。皆様お体には気をつけて下さいね。
岩手県一関出身 栗原市在住 30代2児のお母さま




復興ぞうきんを手作りしているみなさま
はじめまして、Twitterを通して
糸募集の旨を知り、このたび糸をお送りいたします。
知人より譲り受けた糸ですので、
色番が偏っており、(しかもちょっとシブイ色あいで)
申し訳ないのですが、みなさまのアイデアで
素適な作品に仕上げていただければ幸いです。
私も手作りが趣味で、子供向けの小物を作る
仕事を細々と続けております。
もし私でできることがあれば、ぜひお手伝いしたいと思っています。
これから次第に寒くなりますが、
みなさま、どうぞお身体に気を付けて下さい。
    東京都練馬区 M.K.さま



わずかですが、裁縫用具お送りいたします。
雑巾を渡した友人が、雑巾用タオルを
持参してくれましたので、同送します。
お役立て下さいませ。
時節柄、体に気をつけて
お過ごし下さいますように。
 神奈川県横浜市 K.Y.さま(7/4)




復興ぞうきんチームスタッフの皆様
すばらしい活動を、ご苦労様でございます。
同封しました新聞のコピーは、私の友人の投稿が、
大分合同新聞に載ったものです。地方紙ですが
県内の多くの家庭で読まれているので、
復興ぞうきんのことが広く伝わるだろうと
嬉しく思っております。
また、別紙「『復興ぞうきん』へ望むこと」は、
そちらの実状を十分には知らないままの、
なまいきな提案とお怒りにならないで下さい。
何人もの知人の意見を聞き、25年も前から
フェアトレードの活動をされている方からの
アドバイスを受け、私がまとめたものです。
どうぞがんばって下さい。

別紙
<「復興ぞうきん」へ望むこと>
 ○「復興アートぞうきん」をめざして下さい。
 ○直線だけでなく曲線を生かして下さい。
 ○ステキな図柄を期待しています。
 ○ぞうきんとして使う人はほとんどいません。
 ○何に使おうかしらと悩むのが楽しいのです。
 ○糸の色は少し濃い目がよいと思います。
  (ある人は緑と赤とタオルの白に、
  ”わっ!クリスマスカラーだ”
   とにっこりしました。)
 ○線をはっきりさせるために、部分的に
  バックステッチ(返し縫い)をするのも
  技だと思います。
 ○注文が多くなっていると聞きますが、
  あわてないで下さい。待ってもらって、
  美しいものを届けてください。
 ○それが復興ぞうきんが長続きすることに
  なると思います。
  友だちといっしょにずーっと応援します!

 <知人の声>
 ・ポットの下に敷くのにいいかな。
 ・結露をふくだけならあまり汚れないから、
  それ専用ぞうきんに。
 ・パソコンのプリンターの上に掛けています。
 ・知人に見せてまわっています。
 ・車の車内専用ぞうきんにしました。
 ・母にあげたら、母のお琴の先生が、
  「これ貸してください!」と持って帰られたの。
  きっと他の生徒さんに復興ぞうきんの宣伝を
  してくださっているのだと思う。
 ・厚さは、うすい方が使いやすい。
  大分県宇佐市 K.H.さま(2/26)




ma.gif


2012/11/27(火)12:21
先週金曜日(23日・祝)、
盛岡市鉈屋町の消防団屯所、通称 新番屋及び旧番屋で
SAVE IWATE 感謝祭が開催されました。

1.看板 6.各コーナー


既に、紡ぎ組の母体であるSAVE IWATEのHPや、
番屋チーム他でその様子がアップされていますので、
大変遅ればせながらのご報告になってしまい、
申し訳ありません。

たくさんのボランティアのみなさんに
ご参加いただきありがとうございました。
紡ぎ組の縫い手さんはご高齢の方が多いので
難しいかな~と思っておりましたが、
前日の下ごしらえから、
延べ12名来ていただきました^^

イケメンズの澤口さんは前日・当日の二日間
終日お手伝いいただき、さぞお疲れになったでしょう。
でも、こうしてボランティア、スタッフ、
被災者の方々がその垣根を越えて、
一緒にひとつの事をなしえたというのが
とてもいい思い出になりました。



小雨の降る中、
多数の被災者の方々、地域の方々がご来場下さり、
心配していたより沢山の方々に
楽しんでいただけたのではないかと思います。



どうぶつとのふれあいコーナーやゲームコーナーでは
子どもたちのみならず、大人の方達の
歓声もあがっていました。


7.ふれあいコーナーうさぎ

8.ふれあいコーナーやぎ


新番屋の一階では、各プロジェクトによる
販売コーナー。

5.販売ブース

二階に上がる階段の両側には、
SAVE IWATEの、これまでの活動を
プロジェクトごとにまとめた
紹介パネルを展示させていただきました。

2.活動紹介パネル

3.活動紹介パネル


紡ぎ組の紹介パネルです。

4.紡ぎ組紹介パネル


紡ぎ組は新番屋の二階で、
芋の子汁(里芋の入った豚汁)と炊き込みご飯、
お漬け物を提供しました。

9.つむぎ食堂

つむぎ食堂の端にはカラオケやじゃんけん大会の
ステージ。
とっても盛り上がりましたよ!

学習支援に来ている子どもたちと
ボランティアの大学生が
大トリでAKB48になってくれました。

10.カラオケ大トリ


お陰様で、200食近く出させていただきましたが、
材料の分量の計算を間違えて、
未使用の材料が大量に残ってしまいました。

紡ぎ組のスタッフはいつもこんな風に
おっちょこちょいでどこか抜けている面々です。

スタッフ集合



感謝祭の様子は、以下のサイトでも
紹介されていますので、
宜しかったらご覧下さい。

SAVE IWATE HP

SAVE IWATE 番屋チームのFacebook

SAVE IWATE 東京支部代表のブログ




なみ
2012/11/25(日)23:38
復興ぞうきんはおかげさまで、
たまたま買われたりもらったりした方が、
その「一枚」をきっかけに二度三度と購入して
さらにご縁を紡いでくださるということがとても多いです。

その核となっているのはもちろん縫い手さん達の真摯な想い、
丁寧な縫い仕事。

今回は、
ちょうど一つ前の記事でご紹介した「イケメンズ」のお一人、
阿部芳三さんのぞうきんを手にしたK・Rさんが、
息子さんが卒業された小学校へご縁を紡いでくださいました。
「芳三さんの刺繍(と呼びたいくらいきれいでした)は
 とびきりデザインがモダンで、
 『いやいや、おじいちゃんはそんなデザイン考えないでしょ』
 『やっぱり"よしみさん"という女性なんじゃないの?』と
 みんなで話していたんですよ。」
という後日談を教えていただきました。
よしぞうさんにお伝えするのが楽しみです♪


さて、遅くなりましたが11/10〜16の活動状況を
ご報告いたします。

■製作状況

 製作枚数 815枚(累積枚数40,855枚)
 製作者数 34名

■販売状況(随時データを修正しています)

 納品数  355枚(累積枚数37,304枚)
 販売先  岩手(盛岡)、東京、神奈川
 予約枚数  2,832枚

■縫い手さんの声

・土日は息子がいるのであまりゆっくりぞうきんを縫う感じではなく、
 月曜になると、ああもうすぐ(紡ぎサロンのある)水曜だ、まだ
 5枚仕上げてないから縫わなくちゃってスイッチが入って
 一生懸命縫い物をして、なんとか5枚揃えてサロンに来る、
 という感じです。
 でも、メリハリがついていいと思うんです。これがなければ、
 なんだか毎日をなんとなく過ごしてぼんやりしそうだもの。
 
・先月サロンに来た時、目の調子が悪くなったから
 今回で一旦お休みにしますって言ったでしょう?
 でも、1ヶ月休んだらもう寂しくって!
 目はもう良くなったから、早速また始めます!
 
■ご支援者の声

「この夏、友人の結婚式があり、初めて盛岡を訪れました。
街並みの美しさ、人の優しさ、そして食べ物の美味しさに
衝撃を受け、その後、短い期間に2度ほど観光で訪ねたほど
大好きな街になりました。

そして最初に訪れた7月の末、盛岡駅で「復興ぞうきん」を
見つけました。
これまで、被災なさった方がお作りになったブレスレット等を
買ったりしましたが、ああいうものは好みもありますし、
一人で何本も買うのはなかなか難しいと思っていたのですが、
『ぞうきん』とはなんとナイスな!!
ぞうきんなら、一人で何枚持っていても困らないし、
人に差し上げても喜ばれますものね。

その時は5枚購入し、友人に1枚ずつプレゼントしたのですが、
差し上げたその場でみんな広げてみて本当にびっくりしました。
1枚1枚、縫った方のアイデアが盛り込まれている
とてもかわいいぞうきん!
『きゃ〜、可愛い!』とみんな大喜びしたのは言うまでもありません。
(中略)
この可愛い復興ぞうきんを、200枚ほど注文できないかと思って
ご連絡しました。
私の子どもはもう大きいのですが、
昔通っていた小学校の先生方とは今も交流があり、
そこに復興ぞうきんを寄付したいのです。
こんな可愛い素敵なぞうきんならば、子どもたちも
お掃除が楽しくなるのではないかと思います。」(東京都/K・R様)

■イベント予定

・「勝正さんのアカスリ作り教室」次回開催
 【日時】11月30日(金)13時~15時半
 【場所】鉈屋町番屋の2階
 【参加費】1,000円(材料代実費分)
 【申込み】・男女問いません。ボランティアさんの参加も歓迎です。
      ・新規募集は2名様までとなります。 
      ・11月27日(火)までに tsumugigumi@gmail.comか、
       直接岩崎までご連絡ください。

・「無料大正琴コンサート」開催
 縫い手の阿部恵子さん、教室の先生やお仲間によるミニコンサートです。
 阿部さんは盛岡に転居してから習い始められました。
 今回、童謡など昔懐かしい曲を中心に8〜9曲披露されるために
 猛特訓中とか。
 申し込み不要ですので、お気軽にセンターにお越し下さい。
 【日時】12月5日(水)15時~15時半
 【場所】もりおか復興支援センター2階

・現在ご注文を多数いただいており、これからのご注文につきましては
 12月中旬以降の発送となります。

・発送の際は、SAVE IWATE の下記の商品も同梱が可能です。
 ご注文の際にお申し付け下さい。

 ●三陸和くるみ関連商品
 ●三陸復興カレンダー2013 ¥1,000
 ●「それぞれの真実 それぞれの思い」著/湊雅義 ¥1,575


<お問合せ先>*購入ご希望の方もこちらにお問い合わせください。 
 tsumugigumi@gmail.com


   ともこ
プロフィール

紡ぎ組スタッフ

Author:紡ぎ組スタッフ
被災者の方々に、手仕事をすることで気持ちを和らげていただき、またいくらかでも収入確保につながるよう、復興ぞうきんを縫っていただく活動を行っています。

メール:tsumugigumi@gmail.com
Twitter:@fukkouzoukin

最新記事
カテゴリ
最新コメント
過去ログ +

2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【4件】
2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【2件】
2015年 03月 【1件】
2014年 12月 【14件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 05月 【5件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【6件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【10件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【14件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【13件】
2013年 02月 【11件】
2013年 01月 【18件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【15件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【9件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【12件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【22件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【5件】

ギャラリー

facebook

リンク
応援メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

紡ぎ組サポーター様

 | 復興ぞうきん プロジェクトTOPへ |  Next
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX