*復興ぞうきん*プロジェクト 2012年10月

週報 10/20〜26

前回の週報で、
「国立社協さんから紡がれたご縁」について触れました。
その方は、国立市で毎朝ラジオ体操をやっている会の方で、
毎回ラジオ体操が終わった後に復興ソング「花が咲く」を
みんなで歌っていらっしゃるとのことでした。
会のみなさんからの寄せ書きを、紡ぎサロンで
抜い手さん達にお見せしたところ、
「少し前にテレビでその会が紹介されていたのを見た!」
という縫い手さんがいてびっくりしました。

復興ぞうきんは、お名前と出身が書いているということで
縫い手さんのことをイメージしやすいというお言葉を
よくいただきます。

逆にどんな方達が買ってくださっているかということを
縫い手さん達に伝えることも私たちスタッフの
大事な任務だと思っているのですが、
今回、思いがけず結びついた、購入者さんと縫い手さんのご縁に
とてもありがたく思いました。

さて、先週の活動状況と今後の予定をご報告します。

■製作状況

 製作枚数 465枚(累積枚数38,855枚)
 製作者数 24名

■販売状況(随時データを修正しています)

 納品数  1,441枚(累積枚数35,680枚)
 販売先  岩手(盛岡)、東京、静岡、大阪
 予約枚数  4,780枚

■縫い手さんの声

・ぞうきんを縫っている81才の母が週に1回
 デイサービスに行くようになりました。
 以前から行ってみたいという気持ちはあったのですが、
 沿岸から盛岡に出てきて、もともとそんなに自分から
 おしゃべりして入っていけるようなタイプでもなく、
 いきなりたくさんの知らない人の中に入っていく
 勇気がありませんでした。
 それが、紡ぎサロンに参加して、
 盛岡でも新しく顔見知りができて
 おしゃべりできるようになったり、
 スタッフの方にやさしくしてもらったりして、
 デイサービスに行く自信がついたようです。
 おかげさまで初日からもう楽しかったと言って帰って来て、
 私も驚いたくらいでした。
 
・サロンでみんなと会えるってことが本当にありがたいです。
 この前、鬱っぽいって言ってた人がいたから、
 サロンにはちょっと無理してでも出てきた方がいいわよ、
 ぞうきん縫ってなくったってみんなに会いに来てって話したの。
 他の人達の顔も、以前に比べてずいぶん落ち着いたような
 いい顔になったと思うもの。
 逆に、ここに出て来れてない人達のことが心配になるの。
 1日家の中にいてテレビを見たりとかして過ごしているんじゃ
 ないかって。
 参加している私たちの生の声として、
 一人一人メッセージを書いたらどうかしら。
 他でもない、同じ被災者同士だもの。
 何かを伝えることができるんじゃないかしら。

■ご支援者の声

「最初は、震災が起こった後『何かできないか』と
 あちこちのサイトを見て、
 その中にセーブ岩手さんがありました。
 直接、またamazon経由で物資の支援を
 させていただいたこともあります。

 復興ぞうきんは、欲しいな~と思っていたところ、
 春先に埼玉県幸手市の『さくらまつり』で
 購入できることを知り、買いに行きました。
 とても丁寧に縫われていて、雑巾にするのはもったいなく、
 ふきんとして使っています。
 また、娘がとても気に入って、
 学校で使う雑巾として持って行きました。
 2回目は池袋で購入し、
 それは学校の学童保育室に寄付しました。
 先生方も喜んでくださいました。
 帯に作り手さんのお名前が書いてあるのがいいと思います。
 お住まいとお名前があることによって、
『被災された方』がより現実的に身近に感じられるからです。

 何を伝えたいか考えてみましたが、
 皆さんの活動を『ずっと見ていますし、応援しています』と
 いうことでしょうか。
 残念ながら私は東北にボランティアにいけない分、
 地元で働いてたくさん雑巾を購入し、
 活動を支えていけたらと思っています。
 これから一段と寒くなりますが、
 皆様お体お気をつけください。」(埼玉県/A・M様より)

■今週の予定

・10/31(水)13時~14時半 紡ぎサロンみやこ
          (宮古市あすからのくらし相談室)
・11/ 2(金)14時~15時半 新番屋買取受付(鉈屋町)

*もりおか復興支援センターでの紡ぎサロンは今週はお休みです。

■イベント販売予定

<岩手県内>

・11/2(金)
 「ロシア音楽コネヴェツカルテット&ユリアホタイ岩手公演」
 【時間】(開場)18時~
 【場所】岩手県公会堂

<首都圏>

・11/3(土・祝)~4日(日)
 「ジャパンフードフェスタ2012」
 【時間】11時~16時
 【場所】東京・丸の内仲通り明治安田生命ビル前
    (農林漁業学園エリア)

・11/11(日)えんがわ市
 【時間】11時~14時
 【場所】池袋第2公園(豊島区池袋3-29-4)

■その他

・「勝正さんのミニハンモック教室」の次回開催が決定しました!
 【日時】11月8日(木)13時〜15時半
 【場所】鉈屋町番屋の2階
 【参加費】1,000円(材料代実費分)
 【申込み】
  ・男女問いません。ボランティアさんの参加も歓迎です。
  ・継続参加者は「アカスリ」を製作予定です。新規の方も
   ご希望があれば「アカスリ」に変更できます。
  ・11月5日(月)14時頃までに tsumugigumi@gmail.comか、
   直接岩崎までご連絡ください。

・現在ご注文を多数いただいており、
 これからのご注文につきましては
 12月の発送となります。

・発送の際は、SAVE IWATE の下記の商品も同梱が可能です。
 ご注文の際にお申し付け下さい。

 ●三陸和くるみ関連商品
 ●三陸復興カレンダー2013 ¥1,000
 ●「それぞれの真実 それぞれの思い」著/湊雅義 ¥1,575


<お問合せ先>*購入ご希望の方もこちらにお問い合わせください。 
 tsumugigumi@gmail.com
スポンサーサイト

テーマ : 活動報告
ジャンル : 福祉・ボランティア

復興ぞうきん物語~番外編~

全国からたくさんのご支援をいただいている
復興ぞうきんプロジェクトは、
私たちが「現地スタッフ」「仲間」と
親しみを込めて呼ばせていただいている方たちも
大勢いらっしゃいます。

その中で、今まで一度も触れていなかったけれども、
とても大切な、そして重要な「仲間」を
今日はご紹介したいと思います。


ご購入いただいた皆様はご存知ですが、
復興ぞうきんにはかわいいタグがついてます。
このブログの左上、プロフィールのところにある
バナー画像がそうです。
これはタグの表と裏を上下に合成して作りました。

タグについている青い帽子の男の子と
“元気に岩手!!”の手書き文字は
SAVE IWATE代表・寺井良夫の旧友で、
朝日新聞に4コマ漫画を掲載されている
漫画家のしりあがり寿さんが、
提供してくださったものです。


現在の形での復興ぞうきんが始まった当初は、
タグはスタッフがひとつひとつ手作業で
作っていましたが、
綾織りの布テープに、アイロンプリントをあて、
ちょうど良い長さに切るというもので、
一度に数百枚作成する必要があり、
大変な作業でした。

そして、ちょうど去年の今頃でしたか、
会員数約25万人を擁する「パルシステム東京」様から
東日本大震災復興支援の一環として
復興ぞうきんを扱わせてくださいとの
大変ありがたいお申し出をいただきました。
(パルシステム東京様には、今も引き続き
お世話になっています。ありがとうございます。)


そしてこの機会に巻いている帯も合わせて、
リニューアルすることになったのですが、
常に人手不足に悩んでいたスタッフとしては、
今後更に必要枚数が増えていくこのタグ作成を
手作業でやっていたものと同じくらいの
金額でやっていただける業者さんはないだろうかと、
インターネットで探した数社に、
活動の趣旨と、利益のない活動のため、
廉価でお願いしたいという旨の説明を添えて、
見積もりを出していただいたところ、
手を挙げて下さったのが、福井県あわら市にある
【浅地デジタル彩図ファクトリー株式会社】でした。


こちらの浅地社長様のお話では、
ご子息の経営されている銀座支店の社員の方で、
やはり今回の震災でご実家が被災された方があり、
その関係で復興支援に携わっておられるそうです。

他社からも何件かお見積もりを頂いていたのですが、
ここの織りネームは品質から言っても
もったいないくらいの最高級品を、
採算度外視の料金で作って下さるとのことで、
更には、その時点でわずか2週間程しか
納期に余裕がなかったのですが、
それも特急料金無しで最優先で
作っていただけるとのお言葉をいただきました。

そして何よりも嬉しくて、決め手になったのは、
私たちの活動にご賛同いただき、
「ぜひ仲間に入れて下さい」
というお言葉をいただいたことでした。



この織りネームは、プリントではなく、
文字通りタグを作るときに柄や文字を
デザイン通りの色糸で織り込んでいくもので、
最初私たちが送ったデザインでは
「元気に岩手!!」の部分は
青い帽子の上に小さく入った
オリジナルデザインのままでしたので、
小さすぎて織り込めないと言われたのですが、
この手書きの温かさを何とか活かしたかったのと、
それをカットしてしまったら、何となく
しりあがり寿さんのご厚意を踏みにじるようで
頭を抱えていたのですが、

なんということでしょう! (どこかのTV番組風^^)

私たちが悩んでいたところに、
「こんな風に切り離したらできそうですよ」と、
自らデザインして送って下さったのが、
今のタグなのです。


それ以来ずっとお願いしているわけですが、
いつも丁寧なメールをいただき、
またお電話に出られる奥様も、
とても温かく対応して下さいます。


そういう素敵な「仲間」がいることも
この復興ぞうきんの特徴なのです。




なみ

週報 10/13〜19

今年も盛岡に白鳥が渡ってきました。
毎年、白鳥の声を聞くと、
いよいよ冬なんだなあと思います。
家に閉じこもりがちになるこれからの季節こそ
復興ぞうきんでつながっていたいと、
縫い手のおばあちゃん達の顔などを思い浮かべながら
考えていました。

先日、東京・国立市から、
大きな寄せ書きをいただきました。
詳細はあらためてご報告しますが、
国立社協さんが購入された中の1枚が
つなげてくれたご縁です。
ここに一筆入れる時、みなさんが
被災地に、
被災された方に想いを馳せてくれたんだと思ったら
嬉しくて涙が出てきました。

たくさんの方とつながれることで
継続へのパワーをいただいています。
本当にありがとうございます。


さて、
先週の活動と今後の予定についてご報告いたします。

■製作状況

 製作枚数 725枚(累積枚数38,390枚)
 製作者数 31名

■販売状況(随時データを修正しています)

 納品数  1,250枚(累積枚数33,857枚)
 販売先  岩手(盛岡、奥州)、千葉、静岡、兵庫
 予約枚数  5,740枚

■縫い手さんの声

・買ってくださる方のことを思いながら縫っていると、
 絶対手は抜けないものです。
 私は、ちょっとした針の乱れも気になるので
 気づいたらほどいて直してます。
 性格は大雑把だけど、手仕事に関しては妥協できませんねえ。

・ぞうきん以外のセンターでの活動には参加できていません。
 駐車場などの場所もわからず料金もあるのでつい参加しません。
 でも皆さんと顔見知りになり買取後のお茶飲みも楽しく、
 それをメインに来る時もあります。
 お世話してくださる皆さんに感謝しています。
 雑巾の模様を考えたり、出来上がりも楽しく思っています。
 (来年度に向けたアンケートより)

■ご支援者の声

「以前福岡より注文させていただいた者です。
 糸の支援、前々から考えていたのですが、今回の記事を見て、
 ようやく岐阜の小鳥屋さんに注文しました。個人的に刺し子をしようと
 取り寄せたことがあるお店で、綺麗な糸でそれも1かせの量が
 とても多いので使いでがあると思います!
 おまけに、図々しいお願いとは思うのですが…と、
 復興ぞうきんプロジェクトについてちょっと説明させてもらい
 商品にならない糸とかあったら同封して送っていただけないかと
 頼んでみたら、快く『また、撚りが悪くて解いてしまった糸など、
 残っているものをいくらか入れさせていただきました。』という
 お店のお返事をいただきました。
 こんな、気持ちの交流も嬉しいものです。
 わたしのほうもいい贈り物をいただいた気分です。

 これから寒くなりそうですね、福岡は昼は暑い日もあったりしますが
 やはり徐々に寒くなってきています。
 縫い手のみなさんも、スタッフのみなさんも、どうぞご自愛くださいね。」
                      (福岡県/N・N様より)

■今週の予定

・10/24(水)14時~15時半 紡ぎサロン(もりおか復興支援センター)

■イベント販売予定

<岩手県内>

・10/27(土)「奥州市まちなか交流館1周年イベント
 【時間】10時~15時
 【場所】奥州市水沢区横町95メイプル西館(JR水沢駅から徒歩数分)
 
・10/28(日)「いま、『協同』が創る 2012全国集会in東北」
 【時間】10時~15時
 【場所】岩手大学

<首都圏>

・10/27(日)本郷いちょう祭り
 【時間】11時~(予定)
 【場所】文京区立本郷台中学校 *本郷三丁目駅から徒歩1分

・10/28(日)大船カトリック幼稚園バザー(神奈川県鎌倉市)
 【時間】10:30~13:30

*この他、個人で購入された方で、バザーやフリマ等での
 販売予定がありましたら、ぜひ日時と場所をご一報ください!

■その他

・「勝正さんのミニハンモック教室」を10月26日(金)13時〜15時、
 鉈屋町番屋の2階で開催します!
 参加費は、材料代1,000円(実費分)のみです。
 今回は男女問わずの募集です。
 被災者の方へのお声がけをよろしくお願いします。
 ボランティアさんの参加も受け付けておりますが、材料の準備が
 ありますので、明日10月24日(水)14時頃までに
 tsumugigumi@gmail.comか、直接岩崎までご連絡ください。

・現在ご注文を多数いただいており、お届けまで1ヶ月ほどかかっております。
 ご理解の程よろしくお願いいたします。 

・発送の際は、SAVE IWATE の下記の商品も同梱が可能です。
 ご注文の際にお申し付け下さい。

 ●三陸和くるみ関連商品
 ●三陸復興カレンダー2013 ¥1,000
 ●「それぞれの真実 それぞれの思い」著/湊雅義 ¥1,575


<お問合せ先>*購入ご希望の方もこちらにお問い合わせください。 
 tsumugigumi@gmail.com


   ともこ

テーマ : 活動報告
ジャンル : 福祉・ボランティア

ありがとうございます14

今日の盛岡は曇り時々雨で、寒さがいっそう増し、
どんよりした空を見上げると
憂鬱な気分になりそうですが、
こういう時こそ温かいメッセージは嬉しいですね。


復興ぞうきんチーム「紡ぎ組」宛にいただいた
たくさんの励ましのお手紙をご紹介しています。
(かなり以前のものも混じっていたりしますが、
ちゃんと届いてますよ~とのご報告も
兼ねています。すみません(^^;) )



皆様が作られた復興ぞうきんが届きました。
お体を大切にお過ごしくださいませ。  かしこ 
     (不明:申し訳ありません)


こんにちは。日々のご活動本当にお疲れ様です。
以前、このホームページを発見し、
あわてて家にあるものをかき集めて
お送りしたのですが
心もとなく何かよいものはないかと考えていました。
先日、東京の日暮里でみつけた刺し子糸が
自分でもふきんにしてみたところ
とてもかわいくなりました。
皆さんが明るい色を好まれているとのことで
ピッタリと思い、とても少しで申し訳ありませんが
見本と一緒にお送りさせて頂きます。
これから梅雨、そして暑い夏がやってきますが、
皆様くれぐれもお体にお気をつけて
お過ごし下さいませ。
東北の皆様の復興を毎日お祈り申し上げます。
見本のふきんはどうぞお好きなように
ご利用いただければ幸いです。
     千葉県 H.N.さま


突然の手紙で失礼します。
私は、東京の中学校で教員をしています。
私の実家が福島にあることもあって、震災以来、
東京にいながらにして出来ることはないか
考えてきました。
昨年夏、福島での3日間のボランティアを含め
岩手、宮城を10日間かけて回りました。
その時見たものや感じたことを
子ども達に伝え考えさせることが私の役目であると
考えるようになりました。
今回の連休前半で、夏以来やっと
岩手に伺うことが出来ました。
3日間で感じたことを携帯電話にメモしながらの
旅の最後に「復興ぞうきん」に出会いました。
言葉だけで伝えるのは簡単ではありませんが
ずっとお便りを書いているので、
自分のクラスと学年に、
それぞれお便りで岩手の様子を伝えました。
188人の中学3年生が
東北の為に具体的にやれることは
少ないかもしれませんが、
子ども達は東北に思いを馳せるとき、
今自分達が不自由のない生活を
送ることができることに幸せを感じ、
家族を大切にしようと考えているような
優しい心を持っています。
こうして縁あって
復興ぞうきんを手にすることができ、
子どもたちもまた、改めて考えるところが
あると思います。
大したこともできず、こんな生意気なことを
書き連ねてお恥ずかしい限りですが
これからも子どもたちに考えさせるきっかけを
つくっていきたいと思っています。
また時間をつくって岩手に行こうと思います。
どうぞ、ぞうきんを縫って下さった方々に
よろしくお伝え下さい。
皆さまもお体を大切になさって下さい。
     東京都 K.I.さま


東北の梅雨と上手くお付き合いしながら 
毎日針仕事を楽しまれていらっしゃいますか。
今回些少ですが裁縫道具を送らせて頂きます。
最新の物でないので申し訳ございませんが、
少しでもお役に立てばと思います。
また浴衣の季節が間もなく参ります。
お仲間で必要とされる方がいらっしゃいましたら
嬉しく思います。
針仕事には、音楽があると
針の進みも良くなると勝手に思いまして、
懐かしい音楽の「賠償千恵子」さんのテープを
同封しました。
手仕事は心の架け橋になる素晴らしい事です。
皆様に笑顔を運んで下さる事と思います。
     東京都 I.K.さま


初めまして、こんにちは。
今日初めて盛岡駅で
復興ぞうきんを購入させて頂きました。
以前から購入したかったのですが、
売っている場所を見つけられず、
今回は釜石市のM様がお作りになられた
ぞうきんを頂きました。
シンプルな模様の中に
縫い手様の想いが込められているようで
とても素敵なぞうきんでした。
大事に使わせていただくと共に
また購入したいと思います。
少しではありますが支援物資として
刺しゅう糸を送らせて頂きます。
これからも復興ぞうきんプロジェクトが
続いていきますように
スタッフ様も、縫い手様も頑張って下さい。
私は購入という小さな応援しか出来ませんが、
またすてきなぞうきんと出会えたら嬉しく思います。
長文失礼致しました。
刺しゅう糸を使っていただければ幸いです。
     盛岡市 Fさま


秋の深まりを感じる今日この頃です。
関西ではキンモクセイの香りが
あたりに甘い香りを満たしています。
さて、「復興ぞうきん」活動におかれましては、
順調に進んでいる様子がH.Pでも感じられ、
少しでも皆さんの前に進む力になっているのではと
嬉しく感じられています。
今回少しですが、刺しゅう糸と針、
余った材料で作った針刺しと綿テープを送ります。
又、靴下とレッグウォーマーとひざかけを
入れています。
ひざ掛けは少し使っていますが
ウール100%であたたかなので入れることにしました。
昔、織ったものですが古いものなので
どなたかに差し上げる時は良く広げて
見てもらって下さい。
紡ぎサロンで使っていただくのも良いかもしれません。
また、一人では支援にも限りがありますので
知り合いの方にもすすめることにします。
どのくらい反応があるかはわかりませんが、、、、。
また、今後長く続けていくために
売り上げから1枚 10円でも積み立てるのは
いかがでしょうか?
材料として買うのは多分、刺し子糸が
メーター数も多く(50~100m)、
色数も豊富なので一番良いと思います。
仕事で材料を買うのは
○○㈱へ行っていますが、多分、
ユザワヤや他のネットショップ等より
安いと思います。
刺し子糸はお店のカタログには
のっていなかったのですが、
他のネットショップやメーカーさんのHPで
商品名や色番がわかれば通販できると思います。
(ただし 上代で1万円くらいは
まとめないといけないかも)
また、刺し子糸のメーカーですが
㈱○○と○○㈱が大手だと思います。
刺しゅう糸は㈱○○が大手だと思います。
一度、電話して協力を求めてみたら
いかがでしょうか?
電話するのは勇気がいるかと思いますが
事前にメール等で詳細を説明してから
かければ大丈夫と思います。
又、最近知ったのですが、
GBFund(東日本大震災.芸術.文化による
復興支援ファンド)というものがあるので、
助成活動募集に応募していかがでしょうか?
こちらで支援金が得られれば
地元の手芸店を通して材料を買うなど
もう一つ活動を広げることが出来ると思います。
又、この春、
被災地へスクールバックを送る活動をしていた
(財)日本手芸普及協会という団体もあるので、
そういう所へも一声かけてみたらいかがでしょうか?
色々と勝手な事ばかり書き連ねて申し訳ありません。
担当の方も毎日、色々と大変な事と思いますが、
何か一つでもヒントになればと思って書いてみました。
私自身、神戸で被災し、その後色々と模索しながら
ようやく今、どうにか自分の好きな事を
続けていくことが出来ています。
当時はまだ、20代なので
がんばってこられたと思いますが、
今もし同じ状況になったら同じようにできるか、、、
自信がありません。
もっと年齢の高い方はと思うと、、、、。
でも手を動かすことで少しでも心がゆるみ、
前に進む力が出でくるのではと信じています。
手と心はつながっているのだと思います。
これからもほんの少しですが
何かお手伝いが出来たら幸いです。
寒さに向かう折、皆様ご自愛下さい。
前回、お葉書頂きましたが、
今回はお気遣いは不要です。
あと、小さい石鹸は不要ということですが
ちょっと香りがあると和むかと思い、
香り付けに入れています。
     大阪府伊丹市 N.K.さま






なみ

SAVEIWATEしずおかより

販売のお知らせです。

日頃より支援頂いているSAVE IWATEしずおかが
11月1日(木)~4日(日)に行われる

「大道芸ワールドカップin静岡」

に出展、復興ぞうきんの販売を予定しています。

なんだか楽しそうですね!

お近くの方はぜひ足をお運びください^^




なみ
プロフィール

紡ぎ組スタッフ

Author:紡ぎ組スタッフ
被災者の方々に、手仕事をすることで気持ちを和らげていただき、またいくらかでも収入確保につながるよう、復興ぞうきんを縫っていただく活動を行っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
過去ログ +

2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【2件】
2015年 03月 【1件】
2014年 12月 【14件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 05月 【5件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【6件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【10件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【14件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【13件】
2013年 02月 【11件】
2013年 01月 【18件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【15件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【9件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【12件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【22件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【5件】

facebook
ギャラリー
リンク
応援メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

紡ぎ組サポーター様