2012/08/27(月)18:09
8/18~24の復興ぞうきんの製作・販売状況をご報告します。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

■製作状況

 製作枚数 740枚(累積枚数33,295枚)
 製作者数 25名

■販売状況

 納品数  381枚(累積枚数30,325枚)
 販売先  岩手(盛岡)、茨城、東京、神奈川、岐阜、大阪、オーストリア(ウィーン)
 予約枚数 1,882枚

■縫い手さんの声

・暑さのせいか、何も食べたくなくて…
 今日は休もうかとも思ったんだけど、
 やっぱりここ(紡ぎサロン)に来るのが
 一番の楽しみだから、来ちゃいました。
 (後日お電話で様子をうかがったところ、
  元気なお声で「よくなりました」とおっしゃっていました。)

 
・この活動もいつまで続けさせてもらえるかわからない。
 ここでせっかくできた仲間なんだから、
 バラバラになる前に、何かみんなで記念になるものを
 作れたらいいねって話してたんですよ。

■ご支援者の声

「週末、ぞうきんが届きました。
 サンタクロースからプレゼントが届いたような気持ちです!
 一枚一枚に、縫い手さんのお名前が書かれていたことが、
 思いがけないことで、驚き、涙が出ました。
 どれもとても丁寧に縫われていて、
 色が明るくてとても美しいものでした。
 とてももったいなくてぞうきんにはできないので、
 何に使おうかな~と、考えています。
 復興ぞうきんのタグがついていたのも良かったです。

 毎日、テレビやラジオで「復興」「被災者」という言葉を耳にしますが、
 今回お送り頂いたぞうきんの包み紙に書かれた、
 「復興」「被災者」という言葉を見て、
 初めて、そこに被災者の方々がおられて、
 復興に向けて前進されていることが理解できた気がします。

 いつかまた、ぞうきんの購入や寄付品を送らせて頂きたいと思います。
 ご丁寧に、手書きのお手紙まで書いて頂きまして、ありがとうございました。」
                          (東京/渡邊様)

■来週の予定

・8/29(水)13時~14時半 紡ぎサロンみやこ(あすからのくらし相談室)

*盛岡での通常の紡ぎサロンはお休みとなります。

■その他

・8月24日(金)、来盛中の五輪レスリング・金メダリストの
 伊調馨選手、小原日登美選手、米満達弘選手が
 もりおか復興支援センターを訪れ、被災者の方々との
 交流の時間を取って下さいました!
 最後にはお礼として、復興ぞうきんと和くるみ商品をお渡ししました。
 その時の様子はコチラ→本物だぁ!(◎_◎)

・復興ぞうきんは鉈屋町・旧八尾倉邸ショップでも販売しております。
 番屋にボランティアにいらした際など、ぜひ八尾倉にもお立ち寄り下さい。

・イベント等、期日ご指定のご注文は1ヶ月ほど余裕を見て
 ご連絡いただけますようお願いいたします。

・復興ぞうきんは委託販売は行っておりません。
 ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。




ともこ
スポンサーサイト
2012/08/25(土)23:58
チヨさんと小原選手

誰だか分かりますか?

そうです‼
ついこの前のロンドン五輪
レスリング女子48kg級 金メダリスト、

小原日登美選手です‼


実は昨日の朝、
八戸出身の金メダリストが三人、
もりおか復興支援センターに寄って
被災者の方々と交流を持ってくれるという話が
突然降って湧いて来まして、

おまけにそこに、
被災者側からのお礼に
復興ぞうきんをプレゼントするなんて
話まで出て来ちゃいまして、
それが決まったのはもう昼過ぎでしたから、
急遽、来られそうな縫い手さんに電話して
夕方の交流会に間に合うように
来ていただきました~(^ ^)

挨拶


小原選手と、あと二人は
レスリング男子フリースタイル66kg級
米満達弘選手と、
レスリング女子63kg級 伊調馨選手。

3人



数日前に、テレビで放送していた、
銀座のパレードカーに乗っていた
本物の金メダリスト達が目の前に!!


被災者の方々はもちろん、
私達スタッフももう大騒ぎでした(笑)


三人のアスリートからお話があった後、
お待ちかねの交流タイム。

参加者の皆さんは、
しっかりカメラや色紙を用意していて、
金メダリスト達はサイン責めにあっていました。

一緒に写真を撮ってもらったり、
金メダルに触らせてもらったり、
握手をしてもらったり、
個々にお話をしたり…。

金メダル

(ずっしりと重みがありました)


今はもうあちらこちらから引っ張りだこで、
センターの前にも
いくつかの中学校や高校に寄られたようで、
さぞお疲れでしたでしょうに、
でも三人とも嫌な顔ひとつせず、
小さな子ども達や座っているお年寄りには、
自分もしゃがんで目線を合わせてくれるなど、
素晴らしい配慮を示して下さいました。
人格者ですよね〜。

終了後参加者の皆さんから口々に、

元気をもらった、
パワーをもらった、と
喜びの声と笑顔が(*^^*)


集合写真


参加者と一緒に記念撮影のあと、
縫い手さん代表と、学習支援に来ている
子ども代表二人から、
復興ぞうきんや、和くるみ商品を
贈らせて頂きました。

米満選手とチヨさん

ぞうきんを手に


気に入っていただけるといいですね。


日本オリンピック委員会公式HPにも
記事が載っています。




なみ
2012/08/24(金)16:51
復興ぞうきんチーム「紡ぎ組」宛にいただいた
たくさんの励ましのお手紙をご紹介しています。

ずっと溜めていたものを
順不同で入力していただいたので、
季節が前後したり、最近のものや
ずいぶん前のものが混ざっていたりしますが、
お許しいただきたいと思います。

また、物資の送り状や封筒は、
いつかお礼ができる、かな~?と
淡い希望を持って、
データベース化するために別にまとめて保存する際、
うっかり、お手紙へのお名前の写しを失念したものもあり、
大変申し訳ございません。



お寒い日々大変でしょう!
又、石鹸とタオルを送らせて頂きます。
名入りのタオルは雑巾にして下さい。
甘酒等のフリーズドライの飲料は
寒い中でお仕事されているスタッフの方々で
召し上がってください。少しですが、、、
      S.さま


復興ぞうきんのこと、
先日、文化放送の朝の番組で知りました。
押入れの中に眠っていたタオルを
用途にかなうかどうかわかりませんが、送らせて頂きます。
      栃木県 S.K.さま


お元気ですか?刺し子の糸を送ります。
復興ぞうきん頑張って作って下さい。
      S.Y.さま


新聞やテレビでの3.11以降のニュースには
心痛むことが多かったのですが、
皆さんの笑顔や声が伝わってくる記事も増えてきたこの頃です。
先日、東京新聞で「復興ぞうきん」と「糸」のことが
目にとまりました。
このような糸でもお役に立つようでしたら、
是非使っていただけませんか。
まだ雪の季節でしょうが、
桜の春が早く来ますように祈っております。
どうぞ皆様お元気になられますように。
      さいたま市 A.S.さま


使いかけの糸がからまってしまうことがありませんか。
私共のサークルで使っている方法をご紹介いします。
刺しゅう糸を長く伸ばして2回か3回たたみます。
(長さは参照して下さい。)
輪になっている方から穴に通して輪に通します。
ボール紙の表に番号を書いておきます。
とるときは、針の針穴のある頭のほうで
輪で締めている所を1本ずつとります。
とり終わった後必ず、指でしごいておいて
そろえておくともつれません。
ボール紙はなるべく厚手が丈夫です。
(不明:申し訳ありません)


この度の震災 心よりお見舞い申し上げます。
山梨の地で手作りボランティアの会を続けているグループです。
私達に何かお手伝いできることがあればと思って居りましたところ
先日、読売新聞にて復興ぞうきんの記事を読みました。
年齢的にもう使いきれないし刺しゅう糸 
ぜひ、お役に立てて欲しいと思い
甲州市の社協を通じておたづねしたところ
ご利用いただけるとのことで早速送らせて頂きます。
どうぞご利用下さい。
私たちのグループは古着をほどいて洗って
作品を作ってボランティアグループなどのバザーを応援しています。
何かお役に立てればお申しこし下さい。
復興ぞうきんの販売にも少しはお役に立てると思います。
山梨県甲州市社会福祉協議会気付 手作りボランティアつみくさ会
      H.H.さま


刺しゅう糸.ハサミと一緒に、
もし、ぞうきん用として使っていただけたらと思い、
頂き物のタオルを同封させて頂きました。
使えるかどうかわからないのですがご判断頂き、
ご利用頂ける様でしたら幸いです。宜しくお願いいたします。
      Yさま


復興ぞうきん とても美しく
縫って下さった皆様のお気持ちがこもっているのが
良くわかります
。色々な方にプレゼントして喜ばれました。
春はそこまで、、、末長いお付き合いを宜しくお願いします。
(すみません。糸とかはあまり無くて、、
使えるものがあったら使って下さい。)
      (不明:レンゲとミツバチの写真の絵葉書の方、申し訳ありません)


ブリッジエーシアジャパン(BAJ)の沼田と申します。
以前、陸前高田市の配食事業で寺井様にお世話になったNPO団体です。
糸切りバサミと裁ち切りバサミをお送りいたします。お役に立てば幸いです。
今後とも宜しくお願いいたします。
      BAJ   沼田 京子さま
(→ 関連記事)


遠野まごころネットでのボランティア活動で知り合った方と
Facebookで連絡をとりあう中で、
復興ぞうきんの糸がほしい!という話を知りました。
手元にある量が少なくて申し訳ないのですが、
急ぎお送りいたします。
私も手仕事、大好きです。
するのも、ひとがされた手仕事を見るのも、
また、手仕事によってなされた道具(ぞうきんも!)
を積極的に使っていきます。
事務局の皆様、これからも発信よろしくお願い申し上げます。
少しでも、お役に立ちたいと思っています。
      S.N.さま


少しでもお役に立てればと思い、
母の手芸糸を送付させて頂きます。
少しずつですが長く応援し続けることが
大事だな~と思う今日この頃です。
ボランティアの皆様もありがとうございます。
      (不明:申し訳ありません)

       
特別に厳しい寒さの冬となってしまい、
被災者の方々もサポートする方々も
ご苦労がますます多い事かと心配致しております。
本当にささやかな気持ちですが
復興ぞうきん用のタオルをお送りさせていただきます。
これからもホームページを拝見して参ります。
      東京都 H.E.さま




なみ
2012/08/23(木)15:10
復興ぞうきんチーム「紡ぎ組」宛にいただいた
たくさんの励ましのお手紙をご紹介しています。

ずっと溜めていたものを
順不同で入力していただいたので、
季節が前後したり、最近のものや
ずいぶん前のものが混ざっていたりしますが、
お許しいただきたいと思います。

また、物資の送り状や封筒は、
いつかお礼ができる、かな~?と
淡い希望を持って、
データベース化するために別にまとめて保存する際、
うっかり、お手紙へのお名前の写しを失念したものもあり、
大変申し訳ございません。



復興ぞうきんを早速お送り頂まして
ありがとうございました。
十二月七日にお電話で伺いましたお話を、
知り合いを通じて割烹着を縫った人に知らせました。
すると
「ありがとうございます。でもごめんなさいね、とお伝えして」
という言づてが返ってまいりました。
私のほうは包みの中を早く見たくて
一番上の二つをまず取り出しました。
I.R.様とI.R.様のお作でした。
ふっくらとかわいらしい華ぞうきんでした。
しばらくそっと指を触れて眺めました。
この方たちもよくご無事で、と心の中でつぶやきました。
そして、とてもぞうきんにおろしてしまうことは
できないと決めました。
思いついたのは、ランチョンマットや小さな敷物に使うことです。
でもここにお醤油をこぼした人は私ににらまれるでしょうけれど。
お名前がどれにも書いてありました。
次はA.C.様のを開けます。
白地です。
お便りの書いてあるものもありました。
必ず大切に使います。
どうぞ皆様、お体お大切に遊ばしませ。
      M.M.さま


東京でSAVE IWATE代表の寺井さんより
購入しました。
黄色地にハイビスカスの
カラフルで元気いっぱいのかわいいおぞうきんでした。
私は埼玉県川越のサークル
「Les escargots」(カタツムリ)のメンバーに見せたところ、
一番に来月フランスに帰られるフランス人の先生が、
お母様へのすてきなお土産にされると
お買い上げくださいました。
みんなも欲しいというので、担当者の方に注文しました。
またよろしくお願いします。
ぞうきんに使ってはもったいないので、
それぞれ大切に使います。
ありがとうございました。またよろしく!!
      K.M.さま

 
糸に関して、お返事をいただき、ありがとうございました。
すべての物が使用していたりと、半端なのですが、
それでも使っていただけるようでしたらうれしいです。
ミシン針は、一部工業用が入っています。
      (不明:申し訳ありません)


こんにちは お送りするのは二回目になります。
今回も明るい色の糸を選んできました。
気にいっていただけるとうれしいです。
・刺繍糸 20束・刺繍針 2本・チャコペン 1本
・待ち針 1セット・糸きりばさみ 1本・糸通し 1セット
あとはよろしくお願いします。
      A.Y.さま
 

みなさま 風などひいていませんでしょうか。
寒さが増してきました。
針を持つ手も寒さでかじかむこともあるかもしれませんね。
少しですが刺繍糸と刺し子糸を送ります。
力になるぞうきん作り、応援しています。
      Mさま


合掌 
友人のブログで、このプロジェクトを知りました。
皆様の生きる希望となっていることに、大変感動いたしまた。
少々ですが、気持ちです。
      大阪在住の一福島人より


今日は立冬。
これから寒くなると思うと心配です。
寒くなると手指もかじかんで縫いにくくなるのでは?
どうか暖かいところで作業できますようにと願っています。
毎日見るテレビの天気予報では、
私のいる松江はもちろんですが、
次に東北地方を見てしまいます。
身体に気をつけてください。
遠くからですが、いつも応援しています。
      K.S.さま
   




なみ
2012/08/22(水)11:30
先日ご紹介した、雑巾がけレースZ-1 わさお杯in王余魚沢
開催報告をいただきました。

これはあおもりNPOセンターの主催で、
復興支援イベントとして、
8月18日に行われた
復興雑巾を使用した雑巾がけレースです。


天候にも恵まれてたくさんの方の参加があり、
大変有意義なイベントになったそうです。

Z-1レース準備体操
(準備体操)

Z-1レース本番
(レース本番)



以下はご担当者様からのコメントです。



「一枚づつデザインが違って面白い」などの意見もあり、
参加者から好評でした。

イベント自体も、
小学生から60を過ぎたおばあちゃんまで
参加していただき、
非常に楽しいイベントとなりました。



詳細はこちらをご覧下さい。


ぞうきんが、本来の使われ方をされながら、
こんなにも楽しんでくださって、
縫い手さんたちも喜んでくださることと思います。

今日は午後から紡ぎサロンの日。

早速皆さまにご報告いたしましょう(*^_^*)




なみ




プロフィール

紡ぎ組スタッフ

Author:紡ぎ組スタッフ
被災者の方々に、手仕事をすることで気持ちを和らげていただき、またいくらかでも収入確保につながるよう、復興ぞうきんを縫っていただく活動を行っています。

メール:tsumugigumi@gmail.com
Twitter:@fukkouzoukin

最新記事
カテゴリ
最新コメント
過去ログ +

2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【4件】
2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【2件】
2015年 03月 【1件】
2014年 12月 【14件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 05月 【5件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【6件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【10件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【14件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【13件】
2013年 02月 【11件】
2013年 01月 【18件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【15件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【9件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【12件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【22件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【5件】

ギャラリー

facebook

リンク
応援メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

紡ぎ組サポーター様

 | 復興ぞうきん プロジェクトTOPへ |  Next
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX