*復興ぞうきん*プロジェクト 2012年03月

新聞記事より

少し前ですが、3月21日付け岩手日報に
以下のような投書が載りました。

とても嬉しく、胸を打つ内容だったので、
ご紹介させていただきたいと思います。


「復興ぞうきん」

3月の初め、
盛岡市内の県産品売り場に立ち寄ると、
「復興ぞうきん」と書いた紙に包まれ、
雑巾が売ってあった。
震災の支援物資として全国から送られたタオルで、
被災した人たちが
「紡ぎサロン」という作業場に寄り集まり、
仕立てたものだと記してある。

いくらかでも復興の手助けができるのであればと思い
三つ買った。
縫い手さんの名前を見たら、
一つは宮城県東松島市のKさん、
さらに一つは大槌町のCさん、
三つ目は大船渡市のNさんが縫ったものだ。

家に帰り紙包みを開けて見ると、
タオルを三つに折り畳み、
赤や緑、紫などカラフルな糸で、
四方八方に縫い合わせてある。

「雑巾にはもったいないわ。
壁にでも飾っておこうかしら」
と言いながら、
家人は両手で広げ、
縫い目模様を楽しそうに見ている。

被災した知らない人同士が新しい友となり、
語り合い、笑い、
涙を流し縫っている様子が目に浮かぶ。

ひとつひとつ縫い目をたどると、
縫い手さんたちのさまざまな思いを
語る様子が聞こえてくるようだ。

震災の悲しさや苦しさ、寂しさに耐え、
共に助け合い、新しい絆が生まれ、
復興に向けた力を生み出していると思うと、
この1枚の雑巾に託す未来への
計り知れない思いが伝わってくる。

1枚は北海道にいる娘に送ろう。
「最初は食器拭きに、次は顔や手拭き、
その次はテーブル拭きだ。
最後は雑巾にし、
被災地の人たちのつらい思いも
しっかりと拭き取るのだよ」
と伝えたい。

さらに1枚は掃除の神様が宿るよう、
家人にプレゼントしよう。
家の中がいつになくきれいになるような気がする。

残りの1枚は私が使おう。
農作業の後、
これで汗を拭いたらどんなに気持ちがいいだろう。

縫い手さんの懸命な姿を思うと
汚してしまうのがもったいないが、
役立ててこそ一番の喜びだろう。
私こそ被災した人たちから
元気をもらっているようで、
とても心強い雑巾なのである。



(K.N.さん 奥州市水沢区真城、農業 62歳)


この方もそうですが、
メールなどで寄せてくださる、
復興ぞうきんを購入してくださった
皆様からのメッセージを読んでいると、
このぞうきんがいかに
人々の胸を打つかということを
ひしひしと感じます。

実際私たちスタッフが
「復興ぞうきんプロジェクト」を始めたのも、
前身である「復興雑巾(←漢字でした)愛真館版」で
そこにこめられたあふれる想いを
ダイレクトに感じていたことが理由でした。

(愛真館版については、できるだけ早く、
復興ぞうきん物語として、記事をアップしますね)


一日も早い復興の日を目指して、
復興ぞうきんは今日も全国へ旅立って行きます。

みなさまにめぐり合うことを楽しみにしながら。



~お願い~

材料である刺繍糸や刺し子糸が
慢性的に不足しています。

また、「紡ぎサロン」で縫い手さんにお出しする
お茶菓子なども大歓迎です。

みなさまのご協力をよろしくお願いいたします。



なみ
スポンサーサイト

東京支部による販売会

東京支部からの情報です。
復興ぞうきんの普及に力を入れてくれています。
お近くの方は、ぜひお立ち寄りください。

----------------------

4月以降は被災地支援グッズの販売会、被災地の情報発信を中心に
活動をして参ります。
よろしくお願いいたします。
4月上旬は以下の3つの販売会を予定しておりますので、もしよろしければ
ご来場ください。


①4月1日(日) みらい館大明 「さくらまつり」
時間:4月1日11時~16時
場所:みらい館大明グランド【豊島区池袋3-30-8】
   東京メトロ副都心線・有楽町線要町駅徒歩10分


※復興ぞうきん、三陸の和ぐるみに加え、びはんコーポレーション様の
「山田の醤油」が初登場!
宮古産生わかめのしゃぶしゃぶも販売。陸前高田・八木沢商店のポン酢で頂きます。
また、大槌町の赤武酒造「浜娘」もふるまわれます。


ホームページ
http://www.toshima.ne.jp/~taimei/ibento.htm


②4月8日 「えんがわ市」
時間:4月8日(日)11時~14時
場所:池袋第2公園【豊島区池袋3-29-4】
   東京メトロ副都心線・有楽町線要町駅徒歩15分


ホームページ
http://engawa.toshima-npo.org/engawa/


③4月8日花まつり
時間:4月8日(日)11時~16時
場所:金剛院駐車場【豊島区長崎1-9-2】
   西武池袋線椎名町駅北口すぐ


ホームページ
http://www.life-design.or.jp/archives/6090

週報 3/17〜23

■製作状況

 製作枚数 520枚(累積枚数18,750枚)
 製作者数 29名

■販売状況

 納品数  911枚(累積枚数17,385枚)
 販売先  岩手(盛岡)、千葉、神奈川、兵庫、大分
 予約枚数 3,744枚


■縫い手さんの声 

・3月11日は復興支援センターに来て、スタッフさんや縫い手仲間とおしゃべりを
 したり、ぞうきんを買ってもらえたりしてとても楽しかった。14時46分には
 センターのテレビの前でたくさんの人と一緒に黙祷した。

・盛岡で一緒に住んでいる息子の転勤が心配だったが、電車で通える範囲に
 決まってほっとした。またしばらく一緒に活動できます。よろしくお願いします。

・地元の会社の再建が決まり、沿岸に戻ることになった。これまでの間、
 復興ぞうきんで生活をつないでもらってとても感謝している。最後の
 ぞうきんの代金は、この活動に寄附したい。それが一番嬉しい使い方なので。

■ご購入者の声

・復興ぞうきんを手渡しますと
こつこつと一針、一針縫われた
この小さな縫い目をじっと見つめ そしてうるんだ目で
「ありがとう」と 伝えられます。
このありがとうは、縫い手さん、岩崎さん、
復興ぞうきんチームさん、SAVE IWATEさん、
皆様への言葉です。

私からも心よりお礼を申し上げます。
これからも よろしくお願いいたします。

   (スイス・チューリッヒ在住 マイヤー満由美さまより)

・私がこのプロジェクトを知ったのは東大和市の車屋さん
 Technical Factory Over Night の代表 渋谷さんからです。
 復興ぞうきんプロジェクトのお話を聞き素晴らしい事だと共感し
 是非私も協力させていただこうと思いました。
 そこで、地元で開業なさっているお医者様やお店を営んでいる仲間などに
 このプロジェクトの協力依頼をした所、皆様全員が快く賛同してくださいました。

 今では「無くなりそうだから持って来て」とか、「まだ入荷しませんか?」 などの
 声もいただきリピートで買っていただける方も徐々に増えてきました。ヽ(^o^)丿
 この状況が長く続き、本当に微力ではございますが震災で被災され復興に向け
 頑張っている方々のお役に少しでも立てれば幸いです。

 ありがとうございます。

   (清進住宅建設 栗原さまより)

■今週の予定

・3/28(水)14時〜15時半 紡ぎサロン(復興支援センター)

■その他

・3/9〜10に東京国際フォーラムにて行われた『東証IRフェスタ2012 』
 (主催:東京証券取引所)の来場者アンケートの謝礼品として
 復興ぞうきん300枚を購入・配布していただきました。
 東証IRフェスタ2012
 アンケートに回答された方も受け取った時、大変喜んでくださったそうです。
 お引き立ていただいた東京証券所の皆様、ありがとうございました!

・東京支部による相模原・大野北ふれあいフェスタでの販売会のご縁で、
 菅原都々子さんから「月がとっても青いから」のサイン色紙をいただきました。
 東京支部・大野北ふれあいフェスタ販売会
 さらに、菅原さんの手に渡ったぞうきんの縫い手さん宛に、直筆のハガキが届き、
 ご本人にお渡ししたところ、実は小学生の頃に釜石に来た菅原都々子さんの
 ステージを実際に見たことがあるとのことで、とても感激されていました!

・パルシステム東京さんの機関誌「わいわい」に掲載されました。
 パルシステム東京さんにはこれまで3,000枚以上ご購入いただきましたが、
 新年度も継続してご支援いただけるそうです。ありがとうございます!

・東北新幹線車内誌トランヴェール3月号に、盛岡駅で販売中であることが
 載っています。新幹線にお乗りの際はチェックしてみて下さい!

・おかげさまで多くのご注文をいただき、現在ご注文からお届けまで
 1ヶ月ほどかかります。ご理解のほどよろしくお願いします。


ともこ

復興ぞうきん取扱所のご紹介

復興ぞうきんは、以下の場所で常設販売をしていただいています。

     ■岩手 : 「パルクアベニュー・カワトク」盛岡市菜園1丁目10番1号
          (1F~6F カードカウンター)

     ■岩手 : 「アネックス・カワトク」盛岡市緑が丘4丁目1番50号

     ■岩手 : 「JR盛岡駅2階北口コンコース臨時売店」
          (ドトールさんとお土産屋さんの間:10:00~17:00)

     ■東京 : 「遠野まごころネット関東事務所/復興応援ショップ「みちのく社中」」
          埼玉県川口市栄町3-11-22 燦プラザ
          (水〜月11:00〜19:00・048-242-3799)

     ■静岡 : 「復興支援カフェしずおか」                                                               静岡市葵区七間町12番4コミュニティホール七間町 MIRAIE リアン 1F



また、常設ではありませんが、上記の常設販売所以外にも、
ご厚意でおいてくださっている場所がございます。

時に売り切れ、あるいは取扱終了の場合もございますので、
事前にお問い合わせの上、お尋ねくださいますよう、
お願いいたします。

★ いわて生協 各店舗

「兵庫県立東播磨生活創造センター・かこむ」   加古川市加古川町寺家町天神木97-1兵庫県加古川総合庁舎内

★ 夢はうす おかりや  大分県宇佐市大字下高943-1

★ フェアトレード大地  大分県中津市 新博多町1723-1 

★ 茶房きゃんどる  千代田区神田神保町1ー103東京パークタワー1階

★ ギャラリー喫茶 竹の子  福岡県遠賀郡水巻町頃末北1丁目16-8

★ NPO法人 南天の木  千葉県流山市江戸川台西2-148

  カフェ南天   東武野田線 江戸川台駅 西口商店街中央部
  ポケット    東武野田線 江戸川台駅 東口郵便局前

★ NPO法人 自立サポートネット流山 いろいろやハーモニー  千葉県流山市平和台3-2-15

★ NPO法人 市民助け合いネット  千葉県流山市西初石4-370-93

★ えにわ市民プラザアイル  恵庭市本町110番地

★ Jikeiれすとらん MEGUMINO(ラ・デュース恵み野1階横)
      北海道恵庭市恵み野西5丁目3−1

★ 函館市地域交流まちづくりセンター  北海道函館市末広町4番19号

★ NPO法人ピースロード鎌倉  神奈川県鎌倉市大船2丁目20−37


どちらもみな、個性的で素敵なお店や会社、スタジオなどで、
担当していただいている方々も、いつも温かいご支援のお言葉を
いただいています。

お住まいの県に上記の取り扱い場所を発見(!)された方は、
ぜひ訪ねてみてくださいね。



なみ

週報 3/10〜16

■製作状況

 製作枚数 1,090枚(累積枚数18,230枚)
 製作者数 47名

■販売状況

 納品数  295枚(累積枚数16,369枚)
 販売先  岩手(盛岡)、長野、兵庫、スイス(チューリッヒ)
 予約枚数 2,925枚


■縫い手さんの声 *2/10活動検討会より

・おかげで退屈しないでよい。初めは使いやすいようにと格子模様にして
 いたが、だんだんイタズラ心が出てきて、色や模様を楽しむようになった。
 使ってくれる相手の方のことを考えながら縫うのも楽しい。お手紙をいただいて
 嬉しかった。無理をしない範囲でつづけたい。

・いろんなことを気にしないでこられた。

・買ってくれる人の反応を想像しながら、こんな風にしたら「おお〜っ」と
 言ってもらえるかななどと考えるようになった。前向きになってきた。
 手紙をもらい、二日悩んで返事を書いた。

・元々縫うことが好きだったし、タカをくくって来たら結構大変だった。
 でも性分で、タオルが重なっていると「やらなきゃ」と、つい終わるまで
 やってしまう。おさんどんが嫌いなので、何よりだと思っている。
 お小遣いになるし、夢中になれる。細々でもいいから活動を続けて欲しい。

■ご購入者の声

・以前、針やまち針、チャコペン、針山などを提供させていただいた者です。
 今回、お遣い物にしたくて、12枚ほど購入しました。一針一針、丁寧に
 縫われてい ることを感じました。一方で、糸の始末が雑な物もありました。
 買ってくださる方からお金を頂く以上、細かい部分にも注意を払ったほうが
 よろしいかと思い、 メールしました。今後も応援させて頂きますので、
 縫い手の皆さんも楽しみながら活動してくださいね。

・先日注文していた復興ぞうきん届きました。とても気に入りました。
 どうもありがとうございます。他の方も書かれていましたが、
 縫った方の名前や出身地、つぶやき?などが書いてあるのがいいですね。
 実際に使ってる他に、ちょっとしたお礼に友達にあげたりしています。
 無くなったら、また注文したいです!!

■今週の予定

・3/21(水)14時〜15時半 紡ぎサロン(復興支援センター)
・3/25(日)10時〜17時 イベント販売(クロステラス1階)

■その他

・3/14の紡ぎサロンには7名の大学生さん達がお手伝いに来てくれました。
 岩大のボランティアサークル「ひよこ」さん、栃木の大学生さん、
 SAVE IWATEのメーリングリストの情報を見て興味を持ってくれていた方、
 お友達から声をかけられた方など、学校や参加のきっかけは様々。
 3/16の番屋買取り受付は、東京支部の大学生さんも手伝ってくれました。
 急遽、週末の盛岡駅イベント販売も参加してくれた方もいて、大変助かりました。

・3/15〜18の盛岡駅イベント販売には、縫い手さん2名が参加してくれました。
 今後も市内の販売イベントは、縫い手さんと一緒に参加していきたいです。

・3/25(日)クロステラス1階で行われる「みんなでつながろう・ふれあいバザール」にて
 復興ぞうきんと縫い手さんオリジナル袱紗を販売します。
 袱紗を出品する方は、復興ぞうきんで貯めたお金で今回ミシンを購入されたそうです。
 袱紗の購入を考えていらした方はぜひぜひお立ち寄り下さい!
プロフィール

紡ぎ組スタッフ

Author:紡ぎ組スタッフ
被災者の方々に、手仕事をすることで気持ちを和らげていただき、またいくらかでも収入確保につながるよう、復興ぞうきんを縫っていただく活動を行っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
過去ログ +

2017年 07月 【3件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【2件】
2015年 03月 【1件】
2014年 12月 【14件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 05月 【5件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【6件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【10件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【14件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【13件】
2013年 02月 【11件】
2013年 01月 【18件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【15件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【9件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【12件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【22件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【5件】

facebook
ギャラリー
リンク
応援メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

紡ぎ組サポーター様