*復興ぞうきん*プロジェクト 2012年01月

週報 1/21〜27

1/21〜27の復興ぞうきんの製作・販売状況をご報告します。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

■製作状況

 製作枚数 510枚(累積枚数12,750枚)
 製作者数  40名


■販売状況

 納品数  1,845枚(累積枚数12,315枚)
 販売先  栃木、東京、神奈川、静岡、山口
 予約枚数 570枚


■縫い手さんの声

・デザインは自分が好きなように、刺繍をしたりして楽しんでいるが、
 雑巾として使うことを考えたら、シンプルに直線だけの方がいいのかしら。
(みなさんが楽しんで縫っている気持ちが大事なのだから、刺繍が楽しい方は刺繍、
 直線が好きな方は直線でお願いします、とお伝えしました)

・活動継続を願っています。
 ぞうきんをつくりながら、
 行ける場所、言葉をかわす場所の存在は大きいです。
 元気をもらったりします。
 (アンケートより)


■ご購入者の声

 *今週は、封書にて直接縫い手さん宛のお便りをいただきました。
  紡ぎサロンの時にお渡ししたところ、その場で読まれて目を赤くされていました。
  「私へのラブレター」とおっしゃって、とても大切そうにお持ち帰りになりました。
  スタッフとしましても、心よりお礼申し上げます。(岩崎)

■来週の予定

・2/1(水)14時〜15時半 紡ぎサロン(復興支援センター)
・2/3(金)14時〜15時半 新番屋買取り受付(鉈屋町)

*当日のお手伝いを随時募集しています。
 新規でご参加いただける方はご一報いただけるとありがたいです。


■その他

・1/27(金)に終了したしりあがり寿氏「ボラとみず」展では、215枚のぞうきんが
 完売したそうです。
 しりあがりさんご本人が雑誌やツイッター等で宣伝してくださいました。

・2/1より、盛岡市内で購入できる場所が2箇所増えます!

 ○「パルクアベニュー・カワトク」 :1F〜6F カードカウンター(予定)
 ○「JR盛岡駅2階北口コンコース臨時売店」:
             ドトールさんとお土産屋さんの間(10:00〜17:00)

 カワトクさん、ジャスターさん双方とも、無償でのご支援となるばかりでなく、
 販売場所も破格のスペースをくださいました!
 また、ジャスターさんには大きなノボリも作っていただいたので、
 2階北口にいらっしゃれば場所はすぐにおわかりになると思います。


ともこ
スポンサーサイト

糸切りばさみ募集終了のお知らせ

材料担当です。

昨日の材料募集記事に対し、
早速糸切りばさみ50本のご提供をいただけることになりました!

これで、今までお渡しできていなかった方々はもとより、
新しく参加される皆様への初回セットにも入れる分も
当面間に合うだけの数を確保できましたので、
募集を終了させていただきます。

ご提供元は

認定NPO法人 BAJ(Bridge Asia Japan)

SAVE IWATEではこれまでも、
陸前高田の配食支援活動に必要な資金や
沿岸への支援物資配送等に使用する
車両の無償貸与をしていただいたり、と
多大なるご支援、ご協力をいただいている団体です。

今回もSAVE IWATEのブログに掲載した
本記事に対し、早速ご連絡をいただきました。

BAJ様、本当にありがとうございました。


なみ

切実大募集

皆様にお願いです。

【緊急大募集】

復興ぞうきんは
基本的には盛岡市および近郊に転居されてきた
被災者の方々に縫っていただいておりますが、
かなり以前から、沿岸の数地域の方々からも
是非やりたいとのお声をいただいておりました。

ただ、何分にも数少ないスタッフでのボランティア活動であり、
管理の問題等もあって
なかなか沿岸地域での展開を始める事が出来ずにおりました。

そんな中一部の地域で、
スタッフとしてとりまとめをしてくださるという方が出てこられて、
昨年末より、試行錯誤しながらも試験的に始める事に
したのですが、
そちらに加えて、最近また盛岡でも
新しく縫い手さんとして参加される方が増えてきました。

それでも、
材料となるタオルは何とかまだ確保が出来ておりますが、
今度はたっぷりご支援いただいていた

糸(刺繍糸、刺し子糸) 

が、急速に減ってきてしまいました。

また、新しく参加される縫い手さんのためにご用意している
裁縫道具に入れるための、

糸切りばさみ (まとまった数のご支援をいただきました。ありがとうございます!) 
チャコ(白以外、出来ればペンシルタイプ)


も常時不足している状態です。

糸は、気分が明るくなる、オレンジ黄色ピンク等、
比較的明るい色や華やかな色を好んでお持ちになります。

どうか今一度、ご自宅に使わずに眠っているこれらの物資を
ご確認いただき、是非是非復興ぞうきんチーム宛に
お送りいただけないでしょうか?

送り先は

〒020-0023
 岩手県盛岡市内丸3-46
 もりおか復興支援センター内
 復興ぞうきん係
 080-1846-3593


です。

よろしくお願い致します。 


なみ

大槌町出身・Fさんより

震災後、生活が一変し、
何もすることがなくなってしまった母が
仕事を与えてもらったと喜んで
朝から夕方まで夢中になって縫っています。
私もそれを見てホッとしているところがあります。

ずっとという訳にはいかないでしょうが、
もうしばらくは、
この活動を続けていただきたいと思っています。

山田町出身・Sさんより

ご支援してくださる全ての方々にお礼を申し上げます。
11月より参加させていただいています。
以前より復興ぞうきんについては知っていましたが、
外に出ることが億劫で、何より裁縫が苦手だったので、
自分にはご縁のないものと思っておりました。
盛岡での生活が落ち着くにつれ、
家の中にだけいることに徐々に焦りを感じ、
ただ家庭の事情で時間的制約があり、
働きに出ることは難しいと思い、
思い切って申込みさせていただきました。

"苦手でも大丈夫です"
"ノルマはありません"
"都合の良い時に来て下さい"

など、優しい言葉をかけてくださる係の方のおかげで
続けさせていただいています。
粗末な出来にお金をいただくのは大変恐縮ですが、
ありがたく感謝申し上げます。

今は、
少しでも上達しよう、次はどんなデザインにしようかと
紡ぎサロンの帰り道、少しやる気になった自分がいます。
これからもぜひよろしくお願いします。
プロフィール

紡ぎ組スタッフ

Author:紡ぎ組スタッフ
被災者の方々に、手仕事をすることで気持ちを和らげていただき、またいくらかでも収入確保につながるよう、復興ぞうきんを縫っていただく活動を行っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
過去ログ +

2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【2件】
2015年 03月 【1件】
2014年 12月 【14件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 05月 【5件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【6件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【10件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【14件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【13件】
2013年 02月 【11件】
2013年 01月 【18件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【15件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【9件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【12件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【22件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【5件】

facebook
ギャラリー
リンク
応援メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

紡ぎ組サポーター様