*復興ぞうきん*プロジェクト 2011年12月

えんがわ市(東京都豊島区)

■復興ぞうきん、三陸復興カレンダー 販売会

日時:1月8日(日)11:00~14:00
場所:池袋第2公園
    池袋図書館の向かい側ですhttp://www.library.toshima.tokyo.jp/liblist.html#IKE
     (要町駅から徒歩10分、池袋駅西口より徒歩15分)

12月に続き、「えんがわ市&リサイクルフリーマーケット」というバザーの一角で販売します。よろしくお願いいたします。
1月えんがわ市
スポンサーサイト

週報  12/17~23

先週の復興ぞうきんの製作・販売状況をご報告します。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。


■製作状況

 製作枚数 520枚(累積枚数9,805枚)
 製作者数  27名(新規1名)


■販売状況

 納品数  309枚(累積枚数7,917枚)
 販売先  岩手(盛岡)、千葉、東京、愛知、大分、沖縄

 予約枚数 2,300枚(来年発送希望分含む)


■縫い手さんの声

・先に始めた妻の様子を見て、自分も参加したいと思い今日は説明会を受けに来た。
 ぞうきん縫いに没頭することで、夫婦喧嘩が少なくなる。

・厚いタオル地に縫っていくので、指先がどんどん硬くなり、冬になって割れてきてしまった。

・友人に誘われて最初はためらったのですが、勇気を出して参加しました。
 縫っている時間は心が落ち着き、また、当時を思い出したりもしますが、
 図案を考えたりするのも今は楽しい時間となりました。また、買ってくださる方を思い、
 自分なりに心をこめて縫っております。
 皆様の善意に支えられて、これから前に進んで行こうと思っております。
 (アンケートより)


■ご購入者の声

・実際に復興ぞうきんを手にするのは初めてでしたが、
 縫い手さんの一針一針にこめられた思いが伝わってきて、
 すでに購入していた友人らが言う通り、とてもぞうきんとして使うことは
 できないと思いました。
 デザインも素敵ですし、楽しみながら縫っている様子が伝わってきます。

・複数購入してくださる方々から、とくに最近、復興ぞうきんの刺し子が拘って
 縫っていらしゃるように感じます!とっても素敵ですね!と伝言頼まれました。
 また、梱包の紙やタグの変化にも気が付いてくださる方々も多いですよ!
 (千葉で普及に尽力いただいているTHE BIG WINNER様より)

・知人は明日の晩に、これをお知り合いへのクリスマスプレゼントにするのだそうです。
 ひとめひとめに込められた温かさが伝わるといいなあと、仲介しながら思っております。

・雑巾いただきました。早速知り合いに送りました。
 ぞうきん という 言葉がとてももったいない気がしています。


■来週の予定

・12/26(月)13時半~15時半  ヨガ教室&茶話会(新番屋2階)
 *14時半からの茶話会は会費200円でどなたでもご参加いただけます。
  どうぞお気軽にお越し下さい。


■その他

・7月に第1回の説明会を開催してから、紡ぎサロン他、参加される方が集う場を
 年内に39回設けることができました。復興ぞうきんチームのボランティアスタッフは
 もちろんのこと、毎回番屋やセンターの方々のご協力なくしては開催できませんでした。
 この場をお借りして心より感謝申し上げます。来年もどうぞよろしくお願いします。

・縫い手さんにおかれましても、タオルの仕分け、ご高齢の方の帯巻き、作業が一段落した時の
 お茶配りなど、他の方を気遣って自主的に動いて下さる方がとても増えました。また、誘い合わせて
 ランチやお茶を飲みに行ったり、ヨガ教室参加を呼びかけ合ったりという姿が見られるようになり、
 この活動を通じて横のつながりができてきており、嬉しい限りです。

・年明けは、1月4日(水)から早速紡ぎサロンを開催します。
 この日、製作枚数は1万枚を突破する見込みです!

週報  12/10~16

先週の復興ぞうきんの製作・販売状況をご報告します。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。


■製作状況

 製作枚数 895枚(累積枚数9,250枚)
 製作者数  40名(新規5名)


■販売状況

 納品数  325枚(累積枚数7,593枚)
 販売先  岩手(盛岡・山田)、秋田、東京、千葉、山口

 予約枚数 2,200枚(来年発送希望分含む)

*年内発送分の受付は12/23締め切りとさせていただきます。
 お申込みは、tsumugigumi@gmail.com まで。


■縫い手さんの声

・親子で縫っている。母は縫い物が得意だけれど、私は苦手なのでマイペースでゆっくり。
 やっと5枚縫って持ってきました。

・今までは一緒に避難してきた友人と組んで縫っていた。外側の4辺は私、内側の模様は友人。
 友人の就職が決まったので、今日の分からは全部1人で仕上げたものです。

・自分が初めてセンターに来た時は津波のショックと避難所の人間関係で気持ちがおかしくなって
 言葉が出なくなっていた。まずスタッフの人と話せて、その後紡ぎサロンでお友達ができて、
 本当に自分は救われた。だから自分も今は、紡ぎサロンに来た時に見たことがある人がいたら
 積極的に声をかけるようにしているの。


■ご購入者の声

・おかげさまで、お祭りはお天気に恵まれ、盛況でした。雑巾も、50枚完売 !
 子供中心の2時間あまりのお祭りでしたが、
 中学生がお小遣いで買ってくれたり、復興雑巾を目的に来館された方がいらっしゃったり、
 大槌町出身の方が、大槌町の方がつくられた雑巾を選んで購入されたり 
 (遠くても、ふるさとを思う気持ちは強いのですね)
 みなさん 一枚一枚を大切に持ち帰っておられました。
 お祭りであつまったタオルも、もう少ししたら、そちらに送りたいと思います。
    (東京支部販売分/神奈川の児童館のバザーで販売)

・我が家にやってきたぞうきんは、どちらも七色の糸でぬいあげられたもの。
 釜石市のKさん、大槌町のSさんがそれぞれ作ってくださったものでした。

 釜石、大槌町、どちらも被害の大変大きかったところですよね。
 ニュースを通してしか知ることの出来なかった場所に、
 ぞうきんを通して心が直接アクセスしたような気持ちになり、
 大きな被害にあって、それでもなお、
 生きて、先を見つめる方々を思って目頭が熱くなりました。

 このぞうきんのこと、子供と少し話し合ったのですが、一年生なりの感じ方で、
 まだまだ復興と呼ぶには遠い被災地の現状に心を痛めていたようで、
 被災地のこと、そこに今も暮らす方たちのこと、これからの展望など、
 色々たずねてきました。
 その思いを、大切にしてほしいと思います。
 このぞうきんの1枚は、3学期になったら子供と一緒に学校へ行きます。
      (スタジオヨギーさん販売分/ブログより了承を得て転載)


■来週の予定

・12/21(水)14時~15時半  紡ぎサロン(復興支援センター)


■その他

・東京支部・佐々木さんの尽力により、遠野まごころネットさんの東京事務所(東京都千代田区岩本町1-9-6ビル1F)にて
 復興ぞうきんを販売していただけることになりました。

・12/13の山田町豊間根の仮設での説明会は6名が参加され、織笠や宮古・田老の仮設に
 お住まいの縫い手さんもお手伝いに来て下さいました。ただ、もう雪道になったので
 基本的に復興ぞうきんスタッフが沿岸に行くのは難しい状況です。また、沿岸から盛岡に
 通っていらしていた縫い手さんの参加も難しくなりそうです。

・年内の紡ぎサロンは次回12月21日(水)が最後になります。
 年始は、1月4日(水)より開催する予定です。

・12月26日(月)に新番屋2階にて、シャンティシャンティ・北村さんのご協力を得て
 ヨガ教室&茶話会を開催します。ヨガの方は縫い手さんで定員いっぱいになりそうですが、
 14時半からの茶話会は参加費200円でどなたでも参加できます。
 スタッフ手作りのお菓子や、神奈川の復興ぞうきんご購入者さまから差し入れの
 お菓子も届く予定です。コーヒー・紅茶・日本茶をご用意しますので、ぜひスタッフの
 みなさまもお気軽にご参加下さい。

ぞうきん材料の募集について

おかげさまで復興ぞうきんは、生産・販売ともに順調に増えています。

12月7日までの生産総数は8,195枚、販売数は9,753枚(予約分2,470枚含む)となっており、
縫い手さんの数は90名近くなりました。
これからの「漠然とした不安」を抱える日常の中で、
「復興ぞうきんを縫っ」て、「全国との繋がりを感じる」ということは、
かけがえのないもののように感じられます。

☆タオルについて

現在、復興ぞうきんの材料のひとつである「タオル」は、
取りあえず2月ごろまでの分は確保できております。
皆様の多大なるご支援に、スタッフ一同大変感謝しております。
ありがとうございます。


いわゆる「余剰物資」の有効活用という目的から始まった活動ですが、
活動の輪が拡がりつつある一方で、何分にも、
最近のSAVE IWATEへの全国の自治体様からの支援物資のご提供状況等により、
保管場所や仕分けスタッフの確保が大変厳しくなっております。

従って、タオルに関しては一時的ではありますが、募集をストップさせていただきたいと思います。


ただ、新しく縫い手さんとして参加を希望される被災者の方もほぼ毎週いらっしゃる状況は続いており、
その動向によっては、2月を待たずにタオルが不足する状況もあるかもしれません。

今一度、お手元に眠っているタオルの有無をご確認いただき、
募集再開に備えていただければ幸いです。

募集を再開させていただく際のタオルについては以下の通りです。

・新品無地のフェイスタオル(カラータオル可)
・企業名や模様が全面に入っていないもの(片側のみなら可)
・手縫いできるように、厚すぎないもの


また、新品のタオルでも変色したり汚れが付着しているものもあるようなので、
お送りいただく際には包装を取り除いて状態を確認していただき、
表に「復興ぞうきん用タオル(仕分け済み)」とご記入いただけると大変助かります。
(その作業を被災者の方々とともにスタッフが行っております)


☆裁縫道具関係について

SAVE IWATEのHPや、沢山の方々のブログ、ツイッターでの拡散等に助けられ、
こちらもおかげさまで多くのご支援をいただいております。
ありがとうございます。
全国の皆様からのご提供のおかげで、
現在は糸不足の不安なく縫い手さんに取り組んでいただけています。

現在継続して募集している物資は以下の通りです。

•刺繍糸
•刺し子糸
•針 (刺繍針、刺し子針 まち針)
•糸通し
•角へら
•チャコ(ペンシルタイプ、白以外)


新しく参加される方々に一通りの道具をお渡ししておりますので、
糸以外については常に不足している状況が続いております。
引き続きご支援のほど、よろしくお願いいたします。

なお、以前募集していた巾15㎜の綾テープに関しましては、
タグをリニューアルし、現在は手作業による作成は行っておりませんので、
募集を終了させていただきます。
お送りいただいたもので残っているテープに関しては、
今後新商品開発の際に、改めて使用させていただこうと思っております。
ご支援ありがとうございました。


『復興ぞうきん』材料の受け入れは もりおか復興支援センター で行なっております。

企業さま・団体さまからの大口での支援物資については、
お手数ですが一旦、tsumugigumi@gmail.comにお問い合わせください。


<送付先>

 〒020-0023
 岩手県盛岡市内丸3-46
 もりおか復興支援センター内
 復興ぞうきん係
 080-1846-3593

どうぞよろしくお願いいたします。

週報  12/3~9

今週の復興ぞうきんの製作・販売状況をご報告します。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。


■製作状況

 製作枚数 515枚
 製作者数  28名


■販売状況

 納品数  275枚
 販売先  東京、千葉、沖縄

 予約枚数 1,920枚(来年発送希望分含む)

*製作が予想以上に順調に進み、年内発送可能数が増えました。
 ご要望の方はお問い合わせ下さい。


■縫い手さんの声

・汚い字で恥ずかしいけれど、少しでも感謝の気持ちを伝えたくてお礼を書き添えている。

・寒くなってきたので、紡ぎサロンへはあまり参加できなくなるかもしれない。

・前回の紡ぎサロンの後に一緒にセンターを出た人が同い年(78才)だとわかって、
 思わず遠回りしていろいろ話しながら帰った。相手が「自分は100才まで生きるつもりだ」
 というのを聞いて、自分はもう後何年生きるかと思って暮らしていたがまだまだだと思った。


■ご購入者の声

・東京からも皆で応援しています。ぞうきんと呼ぶのはもったいない、
 可愛いタオル小物だと思っています☆(東京支部での販売会で購入)

・大きな団体に義援金を送金することも大切ですが
 ダイレクトに生産者の方とつながることができる活動がもっと広がってくれたらいいなと感じます。

 私事ですが、先日FM横浜のパーソナリティもしておられる
 小山薫堂さん(映画おくりびとの脚本家)に復興ぞうきんを送らせていただきました。
 手に取った時に心が温かくなる。
 生産者の方のぬくもりを感じる。
 そして、この活動は抜群にいい!と感動されていました。

 みなさん、ぞうきんを手に持った時に同じ感想を持たれるようです。
 このあたたかなぬくもりと、復興への一歩一歩が力になりますように・・

・すてきな復興ぞうきんをありがとうございました。色とりどりの糸で、カラフルで、
 「いや~すてき!」と声をあげてしまいました。
 知人へのちょっとしたお土産にぴったり。
 お年賀にもいいねと、家族で話しています。(おハガキより)


■来週の予定

・12/13(火)11時~ 山田・豊間根仮設住民向け説明講習会
・12/14(水)14時~15時半  紡ぎサロン(復興支援センター)
・12/16(金)14時~15時半  新番屋買取り受付


■その他

・12月7日の紡ぎサロンには兵庫での販売にご尽力いただいている
 シーズ加古川の田中理事長も参加され、帯巻きを手伝っていただきました。

・年内の紡ぎサロンは12月21日(水)が最後になります。
 年始は、1月4日(水)より開催する予定です。

・12月26日(月)に新番屋2階にて、シャンティシャンティ・北村さんのご協力を得て
 ヨガ教室&茶話会を開く準備を進めています。

<復興ぞうきん常設販売先>

○岩手 : もりおか歴史文化館
○静岡 : 復興支援カフェしずおか
○兵庫 :兵庫県立東播磨生活創造センター・かこむ
プロフィール

紡ぎ組スタッフ

Author:紡ぎ組スタッフ
被災者の方々に、手仕事をすることで気持ちを和らげていただき、またいくらかでも収入確保につながるよう、復興ぞうきんを縫っていただく活動を行っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
過去ログ +

2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【2件】
2015年 03月 【1件】
2014年 12月 【14件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 05月 【5件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【6件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【10件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【14件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【13件】
2013年 02月 【11件】
2013年 01月 【18件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【15件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【9件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【12件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【22件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【5件】

facebook
ギャラリー
リンク
応援メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

紡ぎ組サポーター様