*復興ぞうきん*プロジェクト 2011年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パルシステム東京様で取り扱いが始まります

このたび、パルシステム東京様(宅配生協)にて取り扱っていただけることになりました。

9月より準備を進めてきましたが、本日よりチラシ配布が始まります。
地域を限定してスタートすることになるようですが、
首都圏にお住まいでパルシステムをご利用になっている方、
お手元に復興ぞうきんのチラシが届きましたらぜひご一読下さい。

スポンサーサイト

週報  11/19~25

先週の復興ぞうきんの製作・販売状況をご報告します。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

■製作状況

 製作枚数 105枚
 製作者数   9名

*今週はスタッフ個人対応分の買取りのみでした。


■販売状況

 納品数  586枚
 販売先  岩手(盛岡)、茨城、東京、神奈川、静岡、愛知、大阪

 予約待ち 2,379枚

*年内に発送できる分のご予約は、残りわずかになっています。


■縫い手さんの声

*今週は紡ぎサロン・番屋買取り受付がお休みだったので、声を拾うことができませんでした。


■ご購入者の声



・購入者の方がこの巻紙も捨てれないわと、大切にセロテープを剥がしてバックへしまっていました。
 巻紙のメッセージはとっても喜ばれていますので、是非縫い子さんにもお伝えください。
 そして、巻紙を巻いてセロテープで留める仕事1つとっても気持ちが伝わってくることです!
 こちらもよろしくお伝えください。(千葉/再購入)


■来週の予定

・11/30(水)14時~15時半  紡ぎサロン(復興支援センター)
・12/ 1(金)14時~15時半  新番屋買取り受付


■その他

・このたび、パルシステム東京様(宅配生協)にて取り扱っていただけることになりました。
 9月より準備を進めてきましたが、本日よりチラシ配布が始まります。地域を限定して
 スタートすることになるようですが、首都圏にお住まいでパルシステムをご利用になっている方、
 お手元に復興ぞうきんのチラシが届きましたらぜひご一読下さい。

<復興ぞうきん常設販売先>

○岩手 : もりおか歴史文化館
○静岡 : 復興支援カフェしずおか
○兵庫 :兵庫県立東播磨生活創造センター・かこむ

週報  11/12~18

先週の復興ぞうきんの製作・販売状況をご報告します。
ご協力いただいた皆様、今週もありがとうございました。

■製作状況

 製作枚数 865枚
 製作者数  42名


■販売状況

 納品数  501枚
 販売先  岩手(盛岡)、東京、埼玉、静岡、愛知

 予約待ち 1,060枚


■縫い手さんの声(「復興ぞうきん芋の子会」より)

・盛岡のビルの一室に暮らしていてふと沿岸を思い出し寂しくなる。
 週に1回みんなと会えることが支えになっている。
 夜眠れない人が多いけれど、テレビで時間とともに治ると言っていた。
 みんなで一緒にがんばりましょう。(60代)

・お金をもらった日に仲間と外食をして、「私たちお金持ちだね」なんて
 言って笑い合っている。優雅な気持ちにさせてくれる。
 この活動を考えくれてありがとう。(50代)

・離れて暮らす娘達の前では絶対泣かないようにしているのだけど、
 今日はみんなの挨拶を聞いて泣いてしまった。
 同じ境遇の仲間が集えることがありがたい。
 たとえ縫える数が少なくなったとしてもずっと続けてほしい。(50代)

・復興ぞうきんを縫う時間が1日の中で1番の楽しみだし、1番心が落ち着く。(60代)

・復興ぞうきんは私の生きがいです。(70代)


■ご購入者の声

・ぞうきん、とっても可愛かったり、また気持ちがこもっていることを
 皆さんひろげて、お話しながら、手に取っていらっしゃいました。
 また、作った方の名前が入っているのもほんとに
 お互いに思いを通わせることができて良いなぁと思いました。(東京/再購入)

・注文してくださった皆さんに配ったところ、皆さん大変喜んでおりました。
 どうもありがとうございました。
 また50枚欲しいと言う人がいるので、またお願いします。(東京/再購入)

・自分の中で目標復興ぞうきん500個!広めたいと思っていましたが、達成できそうです。
 東北地方太平洋沖地震が風化されないように・・・小さなことから!やれることから!
 協力していきます。(千葉/再購入)


■来週の予定はありません

 *来週の紡ぎサロンはスタッフの都合がつかず、お休みとさせていただきます。


■その他

・11月17日の芋の子会の参加は、縫い手さん19名、スタッフ25名でした。
 寺井代表・斎藤純副代表含め1人ずつ挨拶してもらい、縫い手さんの
 被災の様子や活動に対する想いも聞け、また番屋スタッフとの交流も持てて
 有意義な会となりました。
 (芋の子会のご報告はあらためてさせていただく予定です)

・11月10日に、日本赤十字社様から約3,000枚の復興ぞうきん用タオルを
 ご提供いただきました。
 また、個人の方からの送付・持込みも毎日のようにあり、タオルは向こう
 2ヶ月分は確保できました。
 さらに現在、大口のご提供のお問合せもいただいております。

・糸も継続して全国からご提供いただいております。幅広い皆様がこの活動に賛同し
 継続のため日々心がけてくださっていることに感謝する毎日です。


<復興ぞうきん常設販売先>

○岩手 : もりおか歴史文化館」
○静岡 : 復興支援カフェしずおか
○兵庫 :兵庫県立東播磨生活創造センター・かこむ

週報  11/5~11

先週の復興ぞうきんの製作・販売状況をご報告します。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

■製作状況

 製作枚数 370枚
 製作者数  24名


■販売状況

 販売数  315枚
 販売先  岩手(盛岡)、東京、埼玉、神奈川、千葉、兵庫


■縫い手さんの声

・手術の後遺症で震災前から硬くなっていた腕が、復興ぞうきんを縫っているうちにほぐれて
 自由に動くようになった。
・国会中継で紹介されたのはとても驚いた。なんだかすごいですね。


■ご購入者の声

・届いた雑巾も、どれも可愛らしく、また皆さんのお名前を見ているだけで、
 涙が出てきてしまいます。これからも応援しています。(再購入)

・いよいよ日曜日にうちのお店でチャリティーイベントが行われます。
 復興ぞうきんの告知の効果もあり、とっても嬉しいことに枚数予約をしている方もいます。 
 昨日は、ラジオで復興ぞうきんのことを聞いていたのでご存知だったようで、
 2枚購入してくださり、大切に使いますと、おっしゃっていました。(再購入)

・ラジオのリスナーさんにプレゼントとして贈らせていただきました。
 その後リスナーさんから、ぞうきんを縫って下さった方にお礼のお手紙を書きたいので、
 どちらに手紙を送ればよいかという問い合わせがありました。

・縫い手さんのお名前と地名を読みながらこれをなんとか一人でも多くの方にご紹介したいと
 いう気持ちを新たにしています。
 またスタッフの皆様の丁寧なお仕事ぶりは私のようにある会の一員として
 例会などで応援の提案をする立場の者にとって自信をもってご推薦できるという安心感が
 とてもあるのです。

■来週の予定

・11/16(水)14時~15時半    紡ぎサロン(復興支援センター)
・11/17(木)11時半~15時45分 復興ぞうきん芋の子会(新番屋2階)
・11/18(金)14時~15時半    新番屋買取り受付

■その他

・本日(11月13日)の朝日新聞・生活欄に、
 「手仕事で支援活動」の1つとして紹介していただきました。

・おかげさまで購入注文が多数入っており、これからのご注文に関しては
 3週間待ちの状態となっております。

<復興ぞうきん常設販売先>

○岩手 : 「もりおか歴史文化館」 盛岡市内丸1-50
○静岡 : 「復興支援カフェしずおか」 静岡市葵区呉服町ミライエ2階
○兵庫 : 「兵庫県立東播磨生活創造センター・かこむ」 兵庫県加古川総合庁舎内

週報 10/29~11/4

製作・販売状況を1週間単位でお知らせしていきます。

■製作状況

 製作枚数 675枚
 製作者数  42名


■販売状況

 販売数  1028枚
 販売先  岩手(盛岡、宮古)、東京、神奈川、千葉、栃木、兵庫、沖縄


■縫い手さんの声

・楽しくてしょうがない
・これでいくらもらえるということではなく、使ってくれる人のことを考えながら縫っている
・次はこれで○○を買いたいという目標を持ってやっている
・仮設暮らしの1日の中で、復興ぞうきんを縫う時間を決めていることで、
 生活のリズムが作れている。
 それがないとつい何もしないで1日が終わってしまうのでありがたい。


■ご購入者の声

・本郷いちょう祭で購入した○○さんのぞうきんは、刺繍糸が緑のグラデーションで
 とても綺麗で感激致しました。
 どうぞお体にお気をつけて、また素敵なものを作って下さいとお伝え下さい。(再購入)

・開けてぞうきんみたとたん涙がでて・・・・・・。大切に使わせていただきます。
 糸、針、ぞうきん、はさみなどなど協力した人たちに見せてあげようと思います。
 売ってくれるところも探してみます。
 製作者の方々にお手紙書こうと思っておりますが、まずは到着のおしらせまで。
 九州は秋とはいえ暖かい日が続いています。岩手はさむくなりましたか?
 皆様お身体大切におすごしください。
 遠い九州からスタッフの方たちと、製作者の方たちに感謝と尊敬の思いをこめまして。

・「かわいい」と思わず言ってしまいました。お渡しした方にも喜んでいただけると思います。

・まだまだ大変苦労されることがあるでしょうが、頑張ってください!
 また、被災者の直接の声をもっともっと聞かせて欲しいです。

■来週の予定

・11/9(水)14時~15時半 紡ぎサロン

■その他

・今週の紡ぎサロンの説明講習会に参加された方が、
 古参の縫い手さんと避難所で隣り合わせだった方ということで
 感激の再会となりました。

・これまで多くのボランティアさんによって手作業でアイロンプリントでタグを作っていましたが、
 福井県の淺地デジタル彩図ファクトリーさんのご協力により、
 従来のコストと大きく変わらない価格で織りのネーム入りタグに新調することができました。
 現行タグがなくなり次第、新タグ品に移行します。
 これまでタグ作成に多大なるご尽力いただいた皆様に心よりお礼申し上げます。

<復興ぞうきん常設販売先>

○岩手 : 「もりおか歴史文化館」 盛岡市内丸1-50
○静岡 : 「復興支援カフェしずおか」 静岡市葵区呉服町ミライエ2階
○兵庫 : 「兵庫県立東播磨生活創造センター・かこむ」 加古川市加古川町寺家町天神木97-1兵庫県加古川総合庁舎内

プロフィール

紡ぎ組スタッフ

Author:紡ぎ組スタッフ
被災者の方々に、手仕事をすることで気持ちを和らげていただき、またいくらかでも収入確保につながるよう、復興ぞうきんを縫っていただく活動を行っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
過去ログ +

2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【2件】
2015年 03月 【1件】
2014年 12月 【14件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 05月 【5件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【6件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【10件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【14件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【13件】
2013年 02月 【11件】
2013年 01月 【18件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【15件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【9件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【12件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【22件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【5件】

facebook
ギャラリー
リンク
応援メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

紡ぎ組サポーター様
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。