【復興ぞうきん】プロジェクト

   【復興ぞうきん販売場所】
     ★お取り扱い場所は こちら
          *(復興ぞうきん:一枚300円、ぷち:一組400円で販売しています)

   【メール注文】
     ★tsumugigumi@gmail.comまでお問合せください。
      (送料・振込み手数料はご負担いただいております)

      郵便局のATMをご利用いただけるようになりました!
      手数料が無料になります。どうぞご活用下さい。

      <ゆうちょ銀行>
       口座記号番号:02220-4-114963
       加入者名:一般社団法人SAVE IWATE
       (他金融機関からの場合)
       二二九(ニニキュウ)店(229)当座0114963

   【郵送の場合の同梱可能商品】
     ●三陸和くるみ関連商品
     

ご注文、材料のご寄付等お問い合わせは→tsumugigumi@gmail.com
くるみに関するお問い合わせは→sviwate2012@gmail.com

 
 いつも復興ぞうきんをご支援いただきありがとうございます。

 紡ぎ組は2015年2月に事務所を移転しました。タオルや糸等のご支援をいただく場合や、お問い合わせ等ございましたら、下記までお願いいたします。

    《新住所》〒020-0816 岩手県盛岡市中野1丁目10-31
    《電話》080-1846-3593(火~金 10:00~16:30)

                        (復興ぞうきん担当:岩崎、山本、佐々)
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩泉の台風被害について

9月26日、縫い手さん3名とともに、台風10号で深刻な被害を受けた岩泉町に行って来ました。
岩泉は盛岡の北東に位置し、多数の方が亡くなった施設のある町の中心部までは、通常は車で2時間くらいの距離にあります。

今回の目的は、避難所となっているホテルで過ごす方々に、針仕事で少しでも気を晴らしてもらおうと、タオルと糸、裁縫道具を届けること。ホテルまでは川沿いの道が多く、土砂の堆積、えぐられた土地、地形の変化を至る所に見ながらの道のりでした。
土砂や道路の損壊でしばらく不通になっていた箇所はなんとか車が通れるまでに復旧されていて、元の道路が完全に崩れたところは、川側に応急の仮設道路が敷かれていました。

9名の方が亡くなった高齢者グループホーム・楽ん楽んは、川縁に建ってはいるものの、訪れた日の水位は既にかなり低く、川自体、幅数mでそれほど大きくはないので、どうしたら、どれだけの雨量だったら、施設より更に上にある工場や野球場までが冠水して使い物にならない程、辺り一帯を水に沈める状態になるか不思議なくらいでした。
川幅が広くない分、流木で堰き止められやすかったということでしょうか…

岩泉_楽ん楽ん1
楽ん楽ん。建物の奥が川なのにも関わらず、手前に流木がたまっている

岩泉_野球場2
楽天イーグルス岩泉球場。一面泥が堆積し、10月からの国体で使用予定だったのを断念。復旧作業は後回しになっている様子。

岩泉_野球場の車
野球場の観客席部分には流されて来たらしい業務用の車が放置されていた

聞いていた通りボランティア不足は深刻で、3週間が経っていたのに全く手がつかずに放置されている家もそこかしこにあり、住民の方の気持ちを想像すると胸が痛みました。聞けば300軒くらいが作業待ちとのことでした。
古民家の提供を受けて開設されたボランティアの無料宿泊施設に少しお邪魔したのですが、お昼で一旦戻ってきた方々は、平日のせいか、定年退職されたような年代の方ばかりでした。

高齢者や病気の方が多いという避難所(龍泉洞ホテル)は、東日本大震災の時、復興ぞうきん活動を始めるきっかけとなった盛岡市郊外の避難所ホテルを彷彿とさせました。「何をしていても津波の時のことを思い出してしまっていたけど、ぞうきんを縫っている時はそれを忘れられた」という言葉が、今のような復興ぞうきん活動を始める決意につながった当時の様子がありありと思い出されました。

縫い手さん達は、「全部流された」という今回の被災者の方に「私たちも同じよ」と言ってお話を聞きながら、一緒に雑巾縫いをしました。

岩泉_避難所

同じような辛さを今まさに抱えている方々に、これまでの経験が少しでもお役に立てば…

事前に「避難している方々は皆さん裁縫道具を持っていない」と聞いていたので、100円ショップのソーイングセットや指ぬきなどを購入して持って行きましたが、日常的に使うにはかなり不便なものです。
紡ぎ組ではこれからもできることを続けていきたいと考えており、引き続き裁縫道具を募集します。
針、針山、指ぬき、糸切りバサミ、糸通しが一通り揃っていると大変ありがたいです。
新品のセットでなくて構いません。少し耐久性のありそうな小さな箱などに入っていると便利だと思います。

ご協力よろしくお願いします。


   ともこ
スポンサーサイト

【緊急募集】裁縫道具余っていませんか?

8月30日に台風10号の猛威に見舞われた岩手県岩泉町で
復興ぞうきんチーム「紡ぎ組」もお手伝いすることになりました。

東日本大新発災当初、
避難所でやることのない人たちや、ショックでふさぎがちだった
被災者の方々に、気軽にぞうきんを縫いませんか?と
タオルと裁縫道具を定期的に運んでいて、
(それが今の復興ぞうきんの元になったのです)
手持無沙汰の解消のみならず、
手仕事の好きな方々の精神的な癒しにもなっていたようで、
今回もそのような形での支援となります。

出来上がったぞうきんは、ご自身や現地のボランティアさんに
泥出しや家の片づけ等に使っていただければいいかなと
思っています。

そこで皆様にお願いです。

裁縫道具をお送りいただけませんか?

タオルは、復興ぞうきんに使えないタオルを仕分けして
置いてありますので、それを利用します。

また、刺繍糸も復興ぞうきん用にいただいたものがたくさんありますので、
同じ自然災害である台風の被災地にも利用させていただきたいと思います。


募集するのは、
針(刺しゅう針、刺し子針)、針山、糸切りばさみ、
糸通し、チャコペン
など、道具類が全くない状態なので、
もしも家に余っているもの、お子さんが昔学校で使っていて今は不要に
なったものなどありましたら、
是非、下記までお送りいただきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

<送付先>
〒020-0816 岩手県盛岡市中野1丁目10-31
一般社団法人 SAVE IWATE 紡ぎ組
 《電話》080-1846-3593



【台風10号被災地支援 活動支援金募集開始!】

8月30日に大型で強い台風10号が岩手県に上陸、
岩手県内の東日本大震災の被災地を中心に大きな被害をもたらしました。
夜が明けて被害が明らかになるにつれ、
予想以上の大きな災害であることが分かってきました。

SAVE IWATEでは、被災各地と連絡を取るほか、
情報収集のためのスタッフを現地に派遣致しました。
今後、さまざまな支援活動が必要になってくることが想定されます。
  
ついては、下記のとおり活動支援金の募集を開始致します。
活動支援金は、SAVE IWATEが行う被災地支援活動に当てられます。
みなさまのご協力を心よりお願い申し上げます。  
  
■ 振込口座
岩手銀行 中ノ橋支店
普通預金 2042867
SAVE IWATE 代表理事 寺井良夫
(セーブイワテ ダイヒョウリジ テライヨシオ)
  
■ 募金箱設置場所
・もりおか復興支援センター(盛岡市内丸 盛岡市役所内丸分庁舎)
・もりおか町家物語館「時空の商店街」(盛岡市鉈屋町)

岩泉町でボランティア募集

台風10号の大雨で大きな被害が出た岩手県岩泉町では、
2日から、町役場でボランティアの受け付けが始まります。


岩泉町の社会福祉協議会は、より多くのボランティアを受け入れるため、
2日から、拠点を協議会の事務所から町役場に移して受け付けを始めます。

受け付けは午前8時半からで、
支援の内容は、住宅に流れ込んだ土砂を取り除く作業や、
支援物資の仕分けや配布だということです。

ボランティアは、町外や県外からも参加できますが、
宿泊場所や食事の手配は自分たちで行い、
可能なかぎり、スコップや土砂を詰める土のう袋を持参してほしいとしています。

岩泉町社会福祉協議会の佐々木泰二会長は
「東日本大震災以来の災害で広い範囲で被害を受けています。
ボランティアの皆さんの力を必要としているので、ぜひ協力していただきたい」
と話しています。


台風10号による岩手県内の被害状況

岩手県では台風10号により、震災以来の広範に渡る大規模災害が
起きている状況です。

昨日の朝入った、SAVE IWATE視察チームからの情報です。

◎久慈・野田チームからの報告
久慈市内(駅前商店街)は震災直後のように泥が堆積。
家から出した家具やゴミが歩道に積み上げられている状態。
早い時期の泥出し、洗浄が必要です。
橋には倒木等が引っかかったままで、次に大雨が降る前になんとかしないと危険。

◎釜石・大槌・宮古チーム
大槌の小鎚川沿いの住宅は浸水したまま。
仮設住宅の浸水も多数。

◎岩泉チーム
R455を岩泉に向かったが、入れず....。
早坂の土砂崩れは片付いたが、その直後から道路の陥没が始まり、地元の人でも入れなくなった。
情報収集の結果、軽米~久慈~田野畑経由であれば入れそう。

*昨日昼の情報
宮古市の被害状況について。
市役所付近、藤原地区はヘドロで匂います。泥出し、家財出し、洗浄がまだまだ必要です。
宮古市社会福祉協議会でボランティアセンターを開設しました。
宮古の情報は社協のFacebookで確認してください。

プロフィール

紡ぎ組スタッフ

Author:紡ぎ組スタッフ
被災者の方々に、手仕事をすることで気持ちを和らげていただき、またいくらかでも収入確保につながるよう、復興ぞうきんを縫っていただく活動を行っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
検索フォーム
応援メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

その他
紡ぎ組サポーター様
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。